マイページ

オフコート

ウィズコロナの時代、マイボールをクリエイティブに!

写真は「LTAのエキシビション大会」で使用されているボール

ウィズコロナの時代に、テニスプレーヤーたちは練習時にマイボールを使うことが推奨されている。他人のボールと間違えないためには、マイボールに印をつけておかなくてはならない。ただ名前を書くより楽しい方法を、LTA(イギリステニス協会)が考え出した。英スポーツメディアSky Sportsが伝えている。

「マーク・ユア・ボール」は、より多くの人々にテニスをすることに興味を持ってもらうためにLTAが行っている「プレー・ユア・ウェイ(あなたのやり方でプレーしよう)」キャンペーンの一環で、テニスボールに自分の好きなマークをつけることでモチベーションを高めることが目的だ。


LTAはエキシビション大会に出ていた女子のトッププロ選手たちに、30秒で自分らしいマークをデザインするようチャレンジ。そのためにいくつかのヒントも与えた。


1. 名前かイニシャルを元にしてマークを作る。文字の中や周りに模様や色をつけてみる。


2. カップか何かでボールを安定させると書きやすい。


3. 油性のペン、布地用のペンなど、消えたりにじんだりしないペンを使う。


4. ボールの縫い目をマークに利用する。模様に使ってもいいし、字を書いてもいい。


5. 趣味や興味のあること、好きな音楽やテレビ番組、ゲームなどからマークのアイディアを得る。


選手たちはスマイルやスコットランドの旗、ハートマークなど、「時間がなくて焦ったから手にもいっぱいついちゃった」などと言いながら楽しそうに印をつけていた。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「LTAのエキシビション大会」で使用されているボール
(Photo by Alex Davidson/Getty Images for LTA)

【シルエットクイズ!】
これは誰?写真をクリックすると答えが分かります。
GettyImages-906281572.jpg
(Photo by Cameron Spencer/Getty Images)

オフコートの関連記事

PAGE TOP
menu