マイページ

オフコート

ビキニ姿で日光浴、ビーチでワークアウト...テニス美女たちの週末

写真は2020年「サンクトペテルブルク・レディース・トロフィー」でのベキッチ 

7月を迎え、北半球は夏本番だ。テニス選手たちもそれぞれに夏を満喫したり、トレーニングに励んでいる。大坂なおみ(日本/日清食品)は家で日光浴、ドナ・ベキッチ(クロアチア)はビーチでワークアウト、ユージェニー・ブシャール(カナダ)はソーシャルディスタンスを保ってのデートを楽しんだ。米テニスメディアBaselineが報じた

大坂は自宅の庭らしきところで、レモンイエローのビキニ姿で日光を浴びている写真をSNSで公開。「sunnyyyyy(晴れ晴れ~)」というコメントをつけている。


マリア・シャラポワ(ロシア)は木々の見える快適そうな窓辺に座って外を見ている写真に「南仏?イタリア?いいえ、カリフォルニアよ…本当にさわやか」とコメント。


6月末に24歳になったベキッチは、カラフルなタンクトップとショートパンツ姿で、浜辺で筋力トレーニング。添えられた一言は「今日はトレーニングに戻る」。


ブシャールは、コロナ禍で困窮する人々への4千ドル(約42万9千円)の寄付を条件にデートの約束をしていたコメディアンのボブ・メネリーと約束を果たした。ソーシャルディスタンスを保って。「私たちはずっと6フィート(約1.83m)離れていたわ、本当よ」写真の二人は楽しそうに笑っているが、確かにそのぐらい離れているようだ。


元世界女王で現在は世界ランキング58位、出産後に復帰して息子を育てている30歳のビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)は、ジムでトレーニング中に笑顔でVサインを出し、「もし誰にもできないと思われているなら、やるしかない」と綴った。


※為替レートは2020年7月9日時点


(テニスデイリー編集部)


※写真は2020年「サンクトペテルブルク・レディース・トロフィー」でのベキッチ                                                       (Photo by Sergei Mikhailichenko/SOPA Images/LightRocket via Getty Images)

main_image.jpg

「ウィンブルドン2020オフィシャルタオル」

幻の大会となる2020年号入りのレアなアイテムがなんと数量限定で入荷!

テニス選手にも大人気の吸水性に優れたおしゃれなチャンピオンシップタオルは、wowshopで販売中。

商品ラインナップおよび詳細はこちら>

[PR]

オフコートの関連記事

PAGE TOP
menu