マイページ

オフコート

フェデラー「いつかOnのシューズでプレーする」。参画するブランドの目標語る

2019年「ウィンブルドン」でのフェデラー

2度にわたる右膝の手術とそのリハビリのため、今年残りは大会に出場しないことを発表しているロジャー・フェデラー(スイス)。自身がシニアチームメンバーとして参画しており、ランニングシューズなどを手掛けるスイスのパフォーマンスブランド「On(オン)」について目標を語った。

イギリスのファッションメディア「The Business of Fashion」のポッドキャストでインタビューに応じたフェデラー。「Onは世界的に成長したいと考えているスイスの企業だ」と語った。


「彼らはすでに大きな進歩を遂げているし、僕もその最後の一押しとして彼らの力になれるかもしれない」


そんなフェデラーは6日、Onと初めて共同開発した新作スニーカーをお披露目。「THE ROGER Centre Court 0-Series」と名付けられたシューズを世界1,000足限定のシリアルナンバー入りで抽選販売し、応募はすでに終了している。なお、「THE ROGER」はシリアルナンバー入りの「0-Series」ではないが、近い将来販売される予定だという。


「史上最高のテニス選手」とも言われ、世界中のファンに愛され続けるフェデラー。38歳となった今でも、また新たな夢を追い掛け始めたようだ。


「パフォーマンスシューズというのは、絶対に完璧にフィットしなくてはならない」「きっといつの日かOnのテニスシューズでプレーするだろうと信じているよ。それが目標だ。それがまだ現役のうちかそうでないか。我々が間に合わせられるかどうかは今にわかるだろう」


フェデラーは2018年の「ウィンブルドン」からユニクロと契約している。しかしユニクロがテニスシューズを作っていないため、シューズはナイキを履き続けている。


この先自身で手掛けたテニスシューズを履いて、ツアーに出場する日が来るのだろうか。ファンにとって、また一つ楽しみが増えた。


(テニスデイリー編集部)


※写真は2019年「ウィンブルドン」でのフェデラー
(Photo by Cynthia Lum/Icon Sportswire via Getty Images)

main_image.jpg

「ウィンブルドン2020オフィシャルタオル」

幻の大会となる2020年号入りのレアなアイテムがなんと数量限定で入荷!

テニス選手にも大人気の吸水性に優れたおしゃれなチャンピオンシップタオルは、wowshopで販売中。

商品ラインナップおよび詳細はこちら>

[PR]

オフコートの関連記事

PAGE TOP
menu