マイページ

オフコート

ドイツのエキシビ大会 観客800人まで動員へ。ズベレフ、キリオスら出場予定

ズベレフ(左)とキリオス(右)

7月13日~19日にドイツのベルリンで開催予定のエキシビションマッチ「bett1 ACES」。米スポーツ専門局のESPNによると、主催者側が市保健当局から1日あたり最大800人までの観客動員を許可されたことを明かした。

このエキシビション大会には、世界3位のドミニク・ティーム(オーストリア)、7位のアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)、40位のニック・キリオス(オーストラリア)をはじめ、男女それぞれ6名ずつの選手が出場予定だ。


ティームとズベレフは、新型コロナウイルスの陽性者が続出したノバク・ジョコビッチ(セルビア)主催の「アドリア・ツアー」にも参加。その後、両名とも検査の結果陰性であることを発表したが、ズベレフは自主隔離を宣言した期間中にパーティーに参加した疑惑が出ており波紋を呼んでいる。


キリオスはこうしたズベレフの行動に、Instagramストーリーズで「自分勝手だ」と批判。その後、ズベレフの同郷のレジェンドであるボリス・ベッカー(ドイツ)にTwitter上で噛みつかれ、口ゲンカを繰り広げる事態となった。


ESPNによると、主催者のEdwin Weindorferは「テニス界全体がベルリンとこの大会に目を向けると思う。参加者とスタッフ全員がロールモデルとしての立場を意識しなければならない」と話している。


そして今回のエキシビション大会「bett1 ACES」は、7月13日から15日までの屋外芝コートでのイベントは1日あたり800人まで。現在は使用されていないテンペルホーフ空港の格納庫で行われる、17日から19日までのハードコートのイベントは1日あたり200人まで観客動員が許可された。


また、大会公式Instagramのチケット販売開始を告知した投稿では「許可を得るための前提条件として、当局に提示した"衛生・予防計画"がある。我々は開催の了承を得て、チケット販売を開始した」と説明している。


(テニスデイリー編集部)


※写真はズベレフ(左)とキリオス(右)
(Getty Images)

main_image.jpg

「ウィンブルドン2020オフィシャルタオル」

幻の大会となる2020年号入りのレアなアイテムがなんと数量限定で入荷!

テニス選手にも大人気の吸水性に優れたおしゃれなチャンピオンシップタオルは、wowshopで販売中。

商品ラインナップおよび詳細はこちら>

[PR]

オフコートの関連記事

PAGE TOP
menu