マイページ

オフコート

ジョコビッチ主催大会で増える感染者。コーチのイバニセビッチも陽性が判明

2019年「ウィンブルドン」大会前練習中のジョコビッチ(左)とイバニセビッチ(右)

26日、元世界2位で現在はノバク・ジョコビッチ(セルビア)のコーチを務めているゴラン・イバニセビッチ(クロアチア)が、新型コロナウイルスの検査で陽性となったことを自身のInstagramで発表した。

イバニセビッチは「残念ながら過去10日間で2度検査で陰性となった後、新型コロナウイルス感染症の陽性反応が出たことが分かりました。体調は良く、症状もありません。私とコンタクトを取っていたみなさんに、私が陽性であったことをお伝えし、自分自身とその大切な人を大切にするようにお願いしたいと思います。私は今まで通り自己隔離を続けていきたいと思います。感染した方の一日も早い回復をお祈りしています」と綴っている。


イバニセビッチもジョコビッチ主催の「アドリア・ツアー」に帯同。クロアチア・ザダルでの大会ではトーナメントディレクターを務め、グリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)の陽性が発覚し残っていた決勝を中止した際には、コート上でその旨を説明していた。


またセルビア・ベオグラードではジョコビッチらがナイトクラブで半裸になって騒いでいたことが報じられているが、Eurosportによるとイバニセビッチは「彼らはみんな個人なんだ。誰もあのクラブに来ることを強要していない。誰もダンスを強要していない。誰もステージに上がってシャツを脱いで踊れとは言えない。そもそもどうしてパーティーが原因で感染したと分かるのか」と個人の責任について語っていた。


(テニスデイリー編集部)


※写真は2019年「ウィンブルドン」大会前練習中のジョコビッチ(左)とイバニセビッチ(右)
(Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

main_image.jpg

「ウィンブルドン2020オフィシャルタオル」

幻の大会となる2020年号入りのレアなアイテムがなんと数量限定で入荷!

テニス選手にも大人気の吸水性に優れたおしゃれなチャンピオンシップタオルは、wowshopで販売中。

商品ラインナップおよび詳細はこちら>

[PR]

オフコートの関連記事

PAGE TOP
menu