マイページ

オフコート

セレナが裏庭に「全米オープン」と同じテニスコートを設置

写真は2019年「全米オープン」でのセレナ

テニスの「全米オープン」で過去6回優勝しているセレナ・ウイリアムズ(アメリカ)が、同大会で今年新たに採用されたのと同じサーフェスのコートを自宅に設置したことが話題を呼んでいる。豪ニュースサイトnine.com.auが報じた。

「全米オープン」大会ディレクターは「セレナが入手したレイコールドのサーフェスは今年の“全米オープン”と“ウェスタン&サザン・オープン”で使用されるのと同じものです。裏庭に新しいコートを作ってトレーニングしているそうです。彼女はツアーの再開を楽しみにしています」と語った。


「全米オープン」は8月31日から始まることになっているが、新型コロナウイルスのパンデミックのせいでツアーは中断され誰も満足にプレーができていない状態で、セレナが自宅で大会と同じサーフェスのコートで練習できることは不当に有利なのでは、と懸念する声もある。


「全米オープン」のサーフェスは1978年以来ずっとデコターフだったが、今年からレイコールドに変更になった。


テニスレジェンドの一人であるトッド・ウッドブリッジ(オーストラリア)はセレナに対する懸念を一蹴。「SNSで騒いでいる人がいるようだけど、不当とか、そんなことはない。たとえば昔パット・キャッシュ(オーストラリア)とステファン・エドバーグ(スウェーデン)のコーチは“全豪オープン”と同じサーフェスのコートを持っていて、そこで練習できるのは彼ら二人だけだった」


「僕はウィンブルドンの会員だったから、大会前にも会場で練習することができた。そういう特典は、常にある。でも“全米オープン”が採用したサーフェスは普通に買えるものだ。どこのテニスクラブでも誰の家にでも設置できる」


(テニスデイリー編集部)


※写真は2019年「全米オープン」でのセレナ
(Photo by Michael Owens/Getty Images)

main_image.jpg

「ウィンブルドン2020オフィシャルタオル」

幻の大会となる2020年号入りのレアなアイテムがなんと数量限定で入荷!

テニス選手にも大人気の吸水性に優れたおしゃれなチャンピオンシップタオルは、wowshopで販売中。

商品ラインナップおよび詳細はこちら>

[PR]

オフコートの関連記事

PAGE TOP
menu