マイページ

オフコート

「規則より感情が勝ってしまった」コロナ陽性選手のエージェントが語る

写真は「アドリア・ツアー」でのディミトロフ

「アドリア・ツアー」に出場し新型コロナウイルス陽性が判明していたグリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)のエージェントが、ディミトロフは順調に回復していると語った。Tennis World USAが伝えている。

ディミトロフはモナコでコロナの検査を受け、陽性であったことを6月21日に発表。2017年「ATPファイナルズ」覇者であるディミトロフは、6月13・14日に「アドリア・ツアー」ベオグラード(セルビア)大会に出場。その後、20・21日のザダル(クロアチア)大会にも出場することになっていた。


大会の数日前にザダルに来ていたディミトロフは、20日の午後にボルナ・チョリッチ(クロアチア)と対戦。自己最高ランキング3位のディミトロフだがこの日は体調が優れず、あっさりストレート負けした。ディミトロフは同日夜に予定されていた試合と、その後21日に組まれていた世界王者ノバク・ジョコビッチ(セルビア)との試合を棄権した。


エージェントによれば、ディミトロフは2日後には体調も回復していたという。「だんだん良くなっています。もう以前出ていた症状はありません。少し倦怠感が残っているぐらいです」


「モナコに帰った時には体調が悪く、特にコロナの検査というわけではなく全般的な検査を受けました。そして、コロナ陽性が判明したのです。また肺のスキャンもしましたが、喜ばしいことに肺にはまったく問題はありませんでした。感染源については、もちろん突き止めようと努力していますが、まったく分かっていません」


「(ベオグラードでは)誰もがコロナ対策を守ろうと考えていたのですが、選手たちは互いに数ヶ月も会っておらず、本当に喜んでいました。みんなが開放感を感じてしまい、それが迂闊な振舞いにつながったかもしれません」


「それに会場には4千人もの観客がつめかけていました。ファンは一緒に写真を撮りたがりました。対策は守られていたか?ある程度は。でもセルビア政府が課した規則よりも、感情の方が勝ってしまったようです」


大会に出場した選手の中ではディミトロフ、ジョコビッチ、チョリッチ、ビクトル・トロイツキ(セルビア)の陽性が判明している。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「アドリア・ツアー」でのディミトロフ
(Photo by Nikola Krstic/MB Media/Getty Images)

main_image.jpg

「ウィンブルドン2020オフィシャルタオル」

幻の大会となる2020年号入りのレアなアイテムがなんと数量限定で入荷!

テニス選手にも大人気の吸水性に優れたおしゃれなチャンピオンシップタオルは、wowshopで販売中。

商品ラインナップおよび詳細はこちら>

[PR]

オフコートの関連記事

PAGE TOP
menu