マイページ

オフコート

元全仏王者が語るフェデラーのすごさ、ナダルへの戦略

写真は2018年歌手としてライブパフォーマンスをするノア

ドレッドヘアと明るいキャラクターで親しまれ、フランス人選手としてテニスのオープン化以降初めてグランドスラムで優勝を遂げたヤニック・ノア(フランス)。現在は歌手として活動するノアが先日60歳の誕生日にインタビューを受け、現代のテニスのビッグ3、ロジャー・フェデラー(スイス)、ラファエル・ナダル(スペイン)、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)らについて語った。テニス関連ウェブメディアTennis World USAが報じている。

ノアはビッグ3への賞賛の念を述べた。彼らはテニス史上例を見ないほどの圧倒的な強さを示し、ここまで13個のグランドスラムタイトルをすべて勝ち取っている。


「3人をすごく尊敬しているよ。彼らが特別な存在になったのは、しょっちゅうお互いに対戦しているせいもある。もちろん、ロジャーは特別だ。彼は特別なことをまったく普通のことのようにやってのける」とノアは語る。


「今でも1セットぐらい彼と打ち合いたいと思うよ。彼とテニスをすると、自分でも驚くようなプレーが彼によって引き出されたりする。彼はいったいどうやってるんだろう」


またノアは、ニック・キリオス(オーストラリア)にも触れた。「キリオスには独特なものがある。ナダルと対戦した時、ナダルがベースラインより2m近く後ろにいたから、アンダーサーブを打ったことがあっただろう。感心したよ」


「リスペクトを欠いてる、なんて意見はテニスを知らない人が言うことだ。ナダルを相手に“普通に”戦ったら、素晴らしい試合をした挙句にストレート負けだ」


「何かやってみなきゃ、チャンスはゼロだ。真剣に取り組めば、ベースラインのずっと後ろで守るナダルやドミニク・ティーム(オーストリア)のような選手に対して、アンダーサーブは武器になり得ると思うよ」


ノアは1983年「全仏オープン」決勝で大本命と見られていた前年優勝者のマッツ・ビランデル(スウェーデン)を下して優勝。それ以降で「全仏オープン」優勝を遂げたフランス人選手は2000年のメアリー・ピアス(フランス)だけである。


シングルスでは通算23回、ダブルスで16回優勝。シングルスランキングの最高位は3位、ダブルスでは1位。引退後はミュージシャンとして活動しながら、恵まれない子供たちのためのチャリティー団体を運営。息子はNBA選手のジョアキム・ノアである。


(テニスデイリー編集部)


※写真は2018年歌手としてライブパフォーマンスをするノア
(Photo by Bianca de Vilar/Redferns)

main_image.jpg

「ウィンブルドン2020オフィシャルタオル」

幻の大会となる2020年号入りのレアなアイテムがなんと数量限定で入荷!

テニス選手にも大人気の吸水性に優れたおしゃれなチャンピオンシップタオルは、wowshopで販売中。

商品ラインナップおよび詳細はこちら>

[PR]

オフコートの関連記事

PAGE TOP
menu