マイページ

オフコート

テニスにおけるコーチの励まし効果

写真は2018年「全豪オープン」でのフェデラーとコーチのイバン・ルビチッチ

ロジャー・フェデラー(スイス)、ラファエル・ナダル(スペイン)、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)、セレナ・ウイリアムズ(アメリカ)、マリア・シャラポワ(ロシア)と、過去から現在まで、偉大なテニス選手たちは、コーチのケアによりパフォーマンスを改善してきた。彼らのコーチは、競技の技術面だけではなく、精神面でも選手らを支えている。テニスにおけるコーチの励まし効果について、Tennis World USAが紹介している。

コーチは、選手の若い頃から側にいる存在だ。そして選手への励ましは、コーチの仕事の基本的な部分の一つだ。先日、若手テニス選手の精神生理学的ならびにパフォーマンスに対するコーチによる励ましの効果について扱った興味深い論文が発表された。概要は次のとおりだ。


この研究は、オンコート・テニストレーニングドリル(コート上でのトレーニング、OTDs)中のコーチの励ましが、若いテニス選手の精神生理学的及びパフォーマンス的にどのように影響するかを比較するものである。25人の男子テニス選手(年齢14.0±0.3歳)が、4つの一般的なOTDsを6セットずつ行った。


運動時間と休憩時間の比率は1:2とし、30秒のトレーニングと60秒の休憩を1セットとした。全てのトレーニングで2つのモニター装置を使用し、心拍数と総運動距離を計測。各トレーニング1セットを終える毎に、自覚的運動強度指数(RPE-10)と身体活動の楽しみ度(PACES)を決定した。


コーチの励ましがある場合は、ない場合に比べ、目に見えて高い精神生理学的及びパフォーマンス的効果を示すという結果が出た。コーチの励ましは、トレーニングの強度、パフォーマンス、そして身体的楽しみを上昇させる。このことは、若手テニス選手のパフォーマンス向上を目指すトレーニングを組み立てるのに有益な情報となるだろう。


そしてこれは若い選手に限ったことではない。トップ選手もまたコーチの励ましの恩恵を受けている。ボリス・ベッカー(ドイツ)やイバン・ルビチッチ(クロアチア)、ステファン・エドバーグ(スウェーデン)、マグナス・ノーマン( スウェーデン)、イワン・レンドル(アメリカ)らがコーチとして、ジョコビッチ、フェデラー、スタン・ワウリンカ(スイス)、アンディ・マレー(イギリス)らと組んでいた時のことを思い出して欲しい。彼らは技術を教えるだけでなく、精神的にも選手たちの大きな助けとなっていた。


(テニスデイリー編集部)


※写真は2018年「全豪オープン」でのフェデラーとコーチのイバン・ルビチッチ
(Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

main_image.jpg

「ウィンブルドン2020オフィシャルタオル」

幻の大会となる2020年号入りのレアなアイテムがなんと数量限定で入荷!

テニス選手にも大人気の吸水性に優れたおしゃれなチャンピオンシップタオルは、wowshopで販売中。

商品ラインナップおよび詳細はこちら>

[PR]

オフコートの関連記事

PAGE TOP
menu