マイページ

オフコート

ジョコビッチ主催大会の出場者が新型コロナ陽性。マスクなしでハグも

「アドリア・ツアー」での左からズベレフ、ディミトロフ、ジョコビッチ(2020年6月14日撮影)

男子テニス世界1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)が主催する非公式大会「アドリア・ツアー」。この大会に出場していた世界19位のグリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)が、新型コロナウイルスの検査で陽性となったことが大会公式サイトで発表された。

ディミトロフは13日と14日にセルビア・ベオグラードで、20日にはクロアチア・ザダルでプレー。20日の試合後に体調不良のためモナコへ帰国し、その後検査の結果陽性反応が確認された。


これを受けて大会側は21日は既に試合が行われていたものの、まだ残っていた決勝戦を中止にすることを発表した。


ディミトロフは自身のInstagramで「この数日の間に私とコンタクトを取っていた人には検査を受けていただき、必要な措置を取ってもらいたいと思っています。ご迷惑をおかけした事を謝罪します」とコメントしている。


同大会は、ベオグラードで開催された時は4,000人の観客が参加。マスクをしている人は少数で、また観客席もソーシャルディスタンスがとられているとは言えなかった。更に、ディミトロフをはじめジョコビッチやアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)ら出場者は、マスクなしでハグなどの身体的接触を行う姿が多く見られていた。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「アドリア・ツアー」での左からズベレフ、ディミトロフ、ジョコビッチ(2020年6月14日撮影)
(Photo by Nikola Krstic/MB Media/Getty Images)

main_image.jpg

「ウィンブルドン2020オフィシャルタオル」

幻の大会となる2020年号入りのレアなアイテムがなんと数量限定で入荷!

テニス選手にも大人気の吸水性に優れたおしゃれなチャンピオンシップタオルは、wowshopで販売中。

商品ラインナップおよび詳細はこちら>

[PR]

オフコートの関連記事

PAGE TOP
menu