マイページ

オフコート

セレナの高級車コレクション「会場に現れる時はそれなりに見られたいもの」

写真は2020年「フェドカップ」でのセレナ

車は現代の贅沢の象徴だ。社会の階段を昇るにつれ、運転する車は高級なものになっていく。世界で最も裕福な女性アスリートの一人であるセレナ・ウイリアムズ(アメリカ)はどんな車に乗っているのだろう。ウェブメディアEssentially Sportsが報じた。

セレナはテニスコート上での素晴らしい成功により、贅沢な車を何台も手に入れている。いやテニスコート上ばかりでなく、ビジネスでも成功しているのだ。セレナは自分が企画する服のブランドを持ち、投資会社も経営している。


先日、セレナは超豪華SUVリンカーン ナビゲーターのブランドアンバサダーとなったことが発表された。この車の基本価格は7万3千ドル(約786万円)だ。


実はセレナの最初の車もリンカーン ナビゲーターだった。彼女はそれに8年間乗った後、姪に譲った。セレナはその車をとても大切にしていて、「ジンジャー」と名前までつけていたのだ。


「ナビゲーターという車がずっと大好きだった。初めて車を買ったのはとても大きなことで、その車にジンジャーと名前をつけたの。すごく豪華で、見た目も最高だったし乗っていて安心だった。だからナビゲーターのアンバサダーになる機会をいただいて、本当に興奮しているの。私の最初の車のことをいろいろ思い出したわ。だからこのお仕事は、私の真心からしているの」


「ナビゲーターは驚くほど豪華よ。大会会場に現れる時、それなりに見られたいもの」


他の車にはジンジャーほどの愛着はないかもしれないが、同じぐらい豪華であることは確か。セレナは一時ベントレー スーパースポーツを運転していたことも有名だ。価格は32万ドル(約3,447万円)で、色は鮮やかなチェリー・レッドだった。


一方セレナは2016年のミニクーパーも持っている。2017年にセレナがスピード違反でつかまった時に乗っていたのはこの車だった。さらにアストンマーティンVanquishも所有している。セレナはリンカーン社と契約する前は、アストンマーティン社とスポンサー契約を結んでいた。


※為替レートは2020年6月10日時点


(テニスデイリー編集部)


※写真は2020年「フェドカップ」でのセレナ
(Photo by Abbie Parr/Getty Images)

main_image.jpg

「ウィンブルドン2020オフィシャルタオル」

幻の大会となる2020年号入りのレアなアイテムがなんと数量限定で入荷!

テニス選手にも大人気の吸水性に優れたおしゃれなチャンピオンシップタオルは、wowshopで販売中。

商品ラインナップおよび詳細はこちら>

[PR]

オフコートの関連記事

PAGE TOP
menu