マイページ

オフコート

ナダルが語る「誰もフェデラーが負けるとは思っていなかった」

写真は2005年「NASDAQ100オープン」でのフェデラー

ロジャー・フェデラー(スイス)とラファエル・ナダル(スペイン)は、2005年「ATP1000 マイアミ」の決勝で対戦。最終第5セットまでかかった、手に汗握るその年屈指の名勝負となり、二人のライバル関係の幕開けを飾るものだった。Tennis World USAが振り返っている。

まだティーンエイジャーだったナダルは、当時世界ランキング1位のフェデラーをストレートで下すチャンスをつかみ、勝利まであと2ポイントに迫っていた。しかしその後フェデラーが盛り返し、何とか第3セットを奪い返すと、そのまま第4セット、第5セットを優勢に戦ったフェデラーが優勝トロフィーを手にした。


その数週間後、二人は共に「ATP1000 モンテカルロ」で準々決勝に進出。ナダルはガストン・ガウディオ(アルゼンチン)と、フェデラーはリシャール・ガスケ(フランス)と対戦することになり、観客は準決勝でフェデラー対ナダルが再び観られると期待を膨らませた。


準々決勝で、ナダルは前年の「全仏オープン」覇者であったガウディオを6-3、6-0で撃破。試合時間はたったの62分、難なくベスト4に入った。それまでガウディオに3敗していたナダルだが、この試合では終始主導権を握り、あらゆる面で優勢な試合運びを見せた。


だが、準決勝でナダルと対峙することになったのはフェデラーではなく、若手フランス人選手のガスケだった。ガスケは最終セットのタイブレークマッチポイントを3回凌ぎ、フェデラーを6-7、6-2、7-6で下したのだ。


ガスケはその時まだトップ100にも入っておらず、予選を勝ち上がっての本戦出場で、彼にとってこの試合は初めての大きな勝利となった。9-8で競っていた最後のタイブレークを決めたのは、バックハンドで放った完璧なダウンザライン。ガスケの度胸あるショットがフェデラーの25連勝を止め、ナダルとの対戦を実現させたのだ。


「今日フェデラーが負けるとは誰も思っていなかった。それもガスケ相手にね。ただ、ガスケはすごく可能性を持っている。次の段階に行くには努力が必要だったけど、彼は今ここまで来た。今後もっと彼のことを見る機会が増えると思うよ」ナダルは語った。


「これからどんどんランキングを上げていくだろうね。ガスケは16試合連続勝利しているんじゃないかな。すごく良いプレーをしているし、厳しい対戦相手になるよ。同い年のライバルと試合できるのは楽しみだ」


準決勝でナダルは第1セットをタイブレークで取られながらもガスケに辛勝。決勝では前年覇者のギジェルモ・コリア(アルゼンチン)を下して、初めてのマスターズ1000タイトルを手にしたのだった。


(テニスデイリー編集部)


※写真は2005年「NASDAQ100オープン」でのフェデラー
(Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

main_image.jpg

「ウィンブルドン2020オフィシャルタオル」

幻の大会となる2020年号入りのレアなアイテムがなんと数量限定で入荷!

テニス選手にも大人気の吸水性に優れたおしゃれなチャンピオンシップタオルは、wowshopで販売中。

商品ラインナップおよび詳細はこちら>

[PR]

オフコートの関連記事

PAGE TOP
menu