マイページ

オフコート

イケメンでも難しい?テニス選手の恋愛事情

「全豪オープン」でのチョリッチ

現在世界33位で23歳のボルナ・チョリッチ(クロアチア)。彼がテニス選手が恋人を作ることの難しさについて語っている。

23歳とまだまだ若いチョリッチだが、ここ数年は恋人がいないという。それは、単純にモテるかどうかではなく、もちろんテニス選手という職業柄からくるものだ。


Tennis World USAによると、チョリッチはこう語っている。


「交際を始めるのはトリッキーなことだ。考慮するべきことが多すぎる。もし彼女が仕事をしているならば、一緒に旅はできない。一方で、彼女が仕事をしていないのなら、それはそれで胡散臭い」


テニス選手は1月から11月まで世界中を飛び回り、スポーツの中でも特にオフが短い。チョリッチ自身も年の47週か48週(約330日)は旅をしていて、自宅にいるのは約20日ほどだという。


「(ほとんど会えないのに)彼女は僕の何に興味があるの?ツアーは本当に大変だよ」


もし母国のクロアチアに帰ってきたとしても、チョリッチ自身は友人と会ったり飲みに行きたいとしている。仮にツアーに連れて行くにしても、1日2回練習し、試合をするため、自分自身の時間は限られている。そのため、彼女を帯同させるのも良くないことだと話した。


「僕が交際していないのは、交際したくないというのが80%、恋に落ちていないのが20%だよ」


もちろん、ガエル・モンフィス(フランス)とエリナ・スビトリーナ(ウクライナ)、あるいはかつてのロジャー・フェデラー(スイス)と現在は妻のミルカさんのようにテニス選手同士なら、ある程度一緒に旅ができる。


もしくは、ラファエル・ナダル(スペイン)が長年の幼馴染であるマリア・フランシスカ・ペレロさんと昨年結婚したように、ツアーに出る前からの旧知の仲ならお互いのことをよく知っているため、交際は現実的だ。


だが、ツアーに出てからの新しい出会いでは、愛をはぐくむのは難しいかもしれない。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「全豪オープン」でのチョリッチ
(Photo by Daniel Pockett/Getty Images)

main_image.jpg

「ウィンブルドン2020オフィシャルタオル」

幻の大会となる2020年号入りのレアなアイテムがなんと数量限定で入荷!

テニス選手にも大人気の吸水性に優れたおしゃれなチャンピオンシップタオルは、wowshopで販売中。

商品ラインナップおよび詳細はこちら>

[PR]

オフコートの関連記事

PAGE TOP
menu