マイページ

オフコート

フェデラーがナダルのアカデミーの卒業式でサプライズ

2019年「レーバー・カップ」でのフェデラー(左)とナダル(右)

現地9日に行われた、ラファエル・ナダル(スペイン)のアカデミーの卒業式。それにナダルのライバルであり友人であるロジャー・フェデラー(スイス)が、サプライズでビデオメッセージを送った。ATP(男子プロテニス協会)が報じている。

フェデラーはビデオメッセージでこう祝辞を述べている。


「楽しむことを忘れてはいけない。それが一番大切なことだと思う。雨の日もタフな日もあるだろう。でもいつでも明るい兆しがあるんだ。だから一生懸命頑張ればいいんだよ」「アカデミーでは素晴らしい経験をしたと思う。でもアカデミー以外でも、ラファから学んだことを願っている。彼は多くの点でチャンピオンだ」


「常に優しさを忘れずにね。他人に親切にすることを忘れないで。そしていつかアカデミーでの日々を振り返ってみると、人生の中で最高の日々だったと思い出すだろう」


ナダルはコロナ禍であることを踏まえこう語った。


「アカデミーのみんなをとても誇りに思う。特に今の時代に、僕たちを信頼してくれた保護者のみなさんにも感謝している。僕らは期待に応えようとし、可能な限りのことをしようとしてきた」


「僕らは非常に困難で複雑な時間を過ごしてきた。みんなにとって学びの時間になったことを願っている。人生はほとんどの時間は簡単なものではない。この時間が、将来直面するかもしれないチャレンジのための強さと経験を得るのに役立つことを願っている」


フェデラーには4人の子どもがいるが、「いつか僕の子どもたちがテニスをしたいと言い始めたら、絶対そこに行かせるね。ラファがやることはユニークで重要な意味を持っているんだ」と語るほど、ナダルとそのアカデミーに信頼を寄せている。


フェデラー自身は、今年2月に右膝の手術を受け、復帰に向けてリハビリを行っていたが、追加の手術を受ける必要があったため、2020年はシーズンを終了させ、来年の完全復帰を目指すことを発表している。


(テニスデイリー編集部)


※写真は2019年「レーバー・カップ」でのフェデラー(左)とナダル(右)
(Photo by Julian Finney/Getty Images for Laver Cup)

<「いらすとや×選べるニュース」LINE スタンプキャンペーンを実施!>

5月 26日(火)〜 6月 24日(水)の期間中、「 LINEアカウントメディア プラットフォーム 」の中から新たに 3媒体 以上を 友だち追加(購読)したユーザーに、

「いらすとや×選べるニュース」 LINEスタンプをプレゼントいたします。

この機会にぜひ、テニスデイリーを友だち登録して一緒にテニスを楽しみませんか?

※有効期間:ダウンロードから90日間

※LINEスタンププレゼントキャンペーンの対象となるのは、キャンペーンページ内から友だち追加した場合のみです。

[PR]

オフコートの関連記事

PAGE TOP
menu