マイページ

オフコート

「これが私で、私の武器」相手選手を驚愕させたセレナの肉体美

写真2020年「全豪オープン」でのセレナ

セレナ・ウイリアムズ(アメリカ)は史上最高のテニスプレーヤーの一人だが、自己最高ランキング59位のアレクサンドラ・カダントゥ(ルーマニア)はグランドスラムで初めてセレナと出会った時に感じた驚きが1週間続いた、と語った。テニス関連ウェブメディアTennis World USAが伝えている。

「人生で初めてグランドスラムに出場することになって、初めてグランドスラムのロッカールームに入って、初めてセレナを見たの。セレナは着替えていたんだけど、それを見て1週間、ずっと驚愕の中にいたわ。彼女は本当に大きかったの」と、カダントゥは言った。


「彼女を見て、そのプレーも動きも、信じられなかった」


カダントゥが見たのは、セレナが妊娠し出産する前だったが、セレナは常にツアーでも最強の女子選手として知られてきた。身体的に男性と同じぐらい強い、と言う人もいる。


セレナは以前のインタビューで、「男みたいに強いと言われるのは苦しかったわ。たくましい腕をしているし、力も強いせいね。姉のビーナス・ウイリアムズ(アメリカ)とは違う、ビーナスは細くて背が高くて美しいわ。私は強くて筋肉質で――でも私は私で美しいのよ。ただ、全く違うだけで」と語っていた。


22歳の時、セレナはサイズ4(日本の9号、小さめのMサイズぐらい)の服が着られるまで減量するという目標を定めたことがあった。だが振り返って、彼女は本気ではなかったと思っている。


「だって、私がサイズ4になれるわけないわ!」


「なんでそんなことを考えたのかしら。これが私で、私の武器なのよ。でも今はそんな目標を持ったことも良かったと思ってる。娘のオリンピアに、私も苦しんだことがあったって教えてあげられるから」


「今では自分自身が気に入っているわ、外見も含めて。オリンピアが生まれた時、私にそっくりな腕をしていたけれど、それが悲しいとか、人がどう言うだろうと恐れる気持ちはなかった。ただ嬉しかったわ」


(テニスデイリー編集部)


※写真2020年「全豪オープン」でのセレナ
(Photo by Fred Lee/Getty Images)

main_image.jpg

「ウィンブルドン2020オフィシャルタオル」

幻の大会となる2020年号入りのレアなアイテムがなんと数量限定で入荷!

テニス選手にも大人気の吸水性に優れたおしゃれなチャンピオンシップタオルは、wowshopで販売中。

商品ラインナップおよび詳細はこちら>

[PR]

オフコートの関連記事

PAGE TOP
menu