マイページ

オフコート

錦織が34億円超で40位!世界アスリート年収ランキング【2020年度版】

錦織圭(左)と大坂なおみ(右)

29日、米経済誌のForbesが2020年度版のスポーツ選手長者番付を発表。錦織圭(日本/日清食品)が3,210万ドル(約34億6,000万円)で40位に、大坂なおみ(日本/日清食品)が3,740万ドル(約40億3,000万円)で29位にランクインした。

この数字は過去12ヵ月間の賞金や給料に、エンドースメント収入(企業の商品を使用するスポンサー契約による収入)を合計したもので計算されている。日本人では全スポーツ含めて錦織と大坂の2人のみがトップ100にランクインした。


また今回、ロジャー・フェデラー(スイス)がサッカーのクリスティアーノ・ロナウドとリオネル・メッシを抑え、テニス選手では初の1位に輝いた。その年収は1億630万ドル(約115億円)とまさに桁違いだ。


この他にテニス選手では、23位にノバク・ジョコビッチ(セルビア)、27位にラファエル・ナダル(スペイン)、33位にセレナ・ウイリアムズ(アメリカ)がトップ100にランクイン。


それぞれジョコビッチは4,460万ドル(約48億円)、ナダルは4,000万ドル(約43億円)、セレナは3,600万ドル(約39億円)となっている。


また今回トップ100にランクインしたアスリートの人数及びその年収合計をスポーツ別にみると、テニスはバスケットボール、アメリカンフットボール、サッカーに続く4位となっている。


(テニスデイリー編集部)


※為替レートは2020年5月30日時点
※写真は錦織圭(左)と大坂なおみ(右)
(Getty Images)

main_image.jpg

「ウィンブルドン2020オフィシャルタオル」

幻の大会となる2020年号入りのレアなアイテムがなんと数量限定で入荷!

テニス選手にも大人気の吸水性に優れたおしゃれなチャンピオンシップタオルは、wowshopで販売中。

商品ラインナップおよび詳細はこちら>

[PR]

オフコートの関連記事

PAGE TOP
menu