マイページ

オフコート

錦織 ジュニア時代のお宝写真公開。内山、ダニエルらに「みんなかわいい」の声

左からダニエル太郎、錦織圭、内山靖崇

男子テニス世界31位(ランキングは3月16日付け)の錦織圭(日本/日清食品)は日本時間24日、Instagramのストーリーズにジュニア時代と思われる集合写真を投稿した。

17名が写るこの集合写真には、日本の国旗を持つ若かりし頃の錦織の姿が。鮮やかな黄緑色のウェアを着て、キリっと爽やかな青年という印象だ。


錦織は写真の自分に「わい」と文字を載せているが、他にも内山靖崇(日本/積水化学工業)やダニエル太郎(日本/エイブル)らがタグ付けされていたり、「Kurukuru kurumi」として奈良くるみ(日本/安藤証券)が収まっており、彼らの貴重な姿も見ることができる。


この錦織のInstagramストーリーズ写真は、ダニエルが画面キャプチャをしてTwitterアカウントに投稿しており「大昔エディハー出た時の写真。2004年くらいだと思います」と紹介している。「エディ・ハー国際ジュニア選手権」は、錦織が育ち現在も練習拠点としているIMGアカデミーで開催されるジュニア大会。グランドスラム・ジュニアに次ぐ「グレード1」の大会だ。


ITF(国際テニス連盟)公式サイトによると2004年は11月29日~12月5日に開催されており、ダニエルの紹介通りであれば当時の錦織は14歳(12月29日に15歳となる少し前)のジュニア選手だ。そして当時のダニエルは11歳、内山は12歳、奈良も12歳ということになる。


先程のツイートでダニエルは「圭君とくるみちゃんに初めて出会った時。ウッチーにはこの前には小学生大会で会った事があったけどこの時はウッチーの方が全然背が高かったですね。頭一個分くらい違うし笑」と当時を振り返っている。


この貴重な集合写真に、ユーザーからは「みんな、かわいい!くるみちゃん、セーラームーン」「たろちゃん説明ありがとう」「めちゃお宝じゃないですか!!」「ウッチーが小さい時から半端なく大きいって聞いていましたが。なるほど、大きい!ですね」「太郎さん、圭さんありがとう」といったコメントが寄せられている。


(テニスデイリー編集部)


※写真は左からダニエル太郎錦織圭内山靖崇
(Getty Images)

「ウィンブルドン2020オフィシャルタオル」

幻の大会となる2020年号入りのレアなアイテムがなんと数量限定で入荷!

テニス選手にも大人気の吸水性に優れたおしゃれなチャンピオンシップタオルは、wowshopで販売中。

商品ラインナップおよび詳細はこちら>

[PR]

オフコートの関連記事

PAGE TOP
menu