マイページ

オフコート

チチパスがキリオスに反論?「雰囲気が大好き」

2019年「レーバー・カップ」でのチチパス(右)とフェデラー(左)

ステファノス・チチパス(ギリシャ)が、元女子テニス選手のバルバラ・シェット(オーストリア)とのInstagramライブで、「レーバー・カップ」について語っている。

「レーバー・カップ」は通常のトーナメント方式の大会とは異なり、「チーム・ヨーロッパ」と「チーム・ワールド」の2陣営に分かれて対戦する大会。ランキングポイントは付与されないが、チチパスは昨年出場。シングルス1試合と、ダブルスではロジャー・フェデラー(スイス)、ラファエル・ナダル(スペイン)とそれぞれペアを組んで2試合出場した。


先日、ニック・キリオス(オーストラリア)はアンディ・マレー(イギリス)とのInstagramライブで、チチパスのいる「チーム・ヨーロッパ」は、「普段はまったく気を遣いあわないのに、彼らは大会中はお互い大好きみたいに思いやるんだ。それを見ていてこっちはイライラする。正直、チチパスとアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)はお互い嫌い合っているのに、突然親友同士になるんだぜ」と発言し話題となっていた。


有料テレビ局Eurosportは、チチパスは「レーバー・カップ」の雰囲気が大好きで、お気に入りの大会だと、遠回しにキリオスに反論したと報じている。


「フェデラーやナダルとダブルスを組めて、素晴らしい経験になったよ。夢が叶ったんだ。子どもの頃は"レーバー・カップ"が実現するなんて思ってもみなかった。招待されてとても光栄だったよ


「自分の国のためにプレーすることは一つの考えだ。でもよく考えてみれば、ヨーロッパの最高のテニスプレーヤーの一人でもあるということだ。自分の大陸のためにプレーするトッププレーヤーに選ばれたんだ。とても感慨深いよ」


ズベレフとの仲については言及しなかったが、あくまでも自分は雰囲気が好きだからだとしている。


また、同大会は今年も9月に予定されていたが、新型コロナウイルスの影響のため中止となった。


(テニスデイリー編集部)


※写真は2019年「レーバー・カップ」でのチチパス(右)とフェデラー(左)
(Photo by Clive Brunskill/Getty Images for Laver Cup )

「ウィンブルドン2020オフィシャルタオル」

幻の大会となる2020年号入りのレアなアイテムがなんと数量限定で入荷!

テニス選手にも大人気の吸水性に優れたおしゃれなチャンピオンシップタオルは、wowshopで販売中。

商品ラインナップおよび詳細はこちら>

[PR]

オフコートの関連記事

PAGE TOP
menu