マイページ

オフコート

錦織がフェデラーのモノマネ?Tシャツに合わせて様々なポージングを披露

2019年の「ハワイオープン」での錦織圭

錦織圭(日本/日清食品)が、ユニクロから新しく発売された自身がプリントされたTシャツを着用した姿をTwitterやInstagramなどで公開した。

今回発売されたTシャツは「ユニクロ グローバルブランドアンバサダー6人の応援Tシャツ」と銘打たれており、錦織以外にもロジャー・フェデラー(スイス)、国枝慎吾(日本/ユニクロ)、ゴードン・リード(イギリス)のテニス選手に加え、スノーボードの平野歩夢、ゴルフのアダム・スコットがプリントされている。


このTシャツはそれぞれ2種類あり、選手たちの姿がモノクロでプリントされたものと、「2020」の文字とともに選手の名前が大きくプリントされたものがある。


いずれも日本国内限定で、大人用Tシャツ、子ども用Tシャツ、そしてトートバッグがあるとのことだ。


錦織は自身のSNSでそれぞれを着用した姿を投稿。自身がプリントされたものを着用し、笑顔でまっすぐ立った姿を見せた。さらに国枝のTシャツを着た写真では両腕を曲げて力こぶを作り、国枝の筋肉を表現。またアダム・スコットのものではゴルフのショットをする姿、平野歩夢のものではスノーボードをしているかのように両腕を広げた姿を見せた。


またフェデラーのものでは、髪をかきあげる仕草を見せ、軽くモノマネをしているようだ。


この投稿にファンからは「フェデラー似てるしw平野歩のかわいすぎ!」「フェデラー笑いました」「ロジャーポーズ」という声のほか、伸びて前髪が目にかかるくらいになった髪型についても「この際伸ばしてパーマでもかけて」「髪の毛サラサラ」などとコメントが寄せられている。


こうしたオフショットを色々な選手が投稿してくれているが、いつも見られない姿を見られるだけでなく、元気な様子を確認することができるのは嬉しいところだ。


(テニスデイリー編集部)


※写真は2019年の「ハワイオープン」での錦織圭
(Photo by Darryl Oumi/Getty Images)

オフコートの関連記事

PAGE TOP
menu