マイページ

オフコート

錦織圭、大坂なおみら日本人選手のメッセージ公開。「辛くなったら吐き出して」

左からダニエル太郎、西岡、錦織、大坂、マクラクラン勉

日本テニス協会は公式サイトで、ナショナルチームの選手から、新型コロナウイルスの影響を受けている子供たちやファンへ向けられたメッセージを公開。錦織圭(日本/日清食品)や大坂なおみ(日本/日清食品)ら多くの男女選手たちから、励ましの言葉やアドバイスが寄せられた。

錦織は主にジュニア選手たちに向けてだろうか、「辛いことを乗り越えた後、そのぶんチャンスが巡ってくると思います。辛くなったら吐き出して、自分の時間作ったりして工夫してね」と励ましのメッセージを送っている。


大坂は「今は、みんなが安全でいられるように、やるべきことに集中しましょう。自分のためにだけでなく、みんなのために一緒にやりましょう」と呼びかけた。


また、ダニエル太郎(日本/エイブル)は自宅での過ごし方を提案。


「僕は、今できる中でのトレーニングを家でやっています。皆さんはどうですか?」「家にいる時間は今までやりたくて出来なかった事などをしてください。僕も今どういう風に工夫してファンの皆と繋がれるか、考えています!皆で一緒に頑張りましょう!」


そして、マクラクラン勉(日本/イカイ)は子供たちやファンの安全を願うとともに、次のようにアドバイスをしている。


「この困難な期間、皆さんが健康で、大丈夫でいることを願っています。この期間、テニスができないことは残念ですが、家でも上達できます!壁に向かってボレーを練習してください!体に気をつけて!」


このほかにも、男子は西岡良仁(日本/ミキハウス)、内山靖崇(日本/積水化学工業)、杉田祐一(日本/三菱電機)ら、女子は土居美咲(日本/ミキハウス)、日比野菜緒(日本/ブラス)、奈良くるみ(日本/安藤証券)らからそれぞれ前向きなメッセージが寄せられている。


(テニスデイリー編集部)


※写真は左からダニエル太郎、西岡、錦織、大坂、マクラクラン勉
(Getty Images)

オフコートの関連記事

PAGE TOP
menu