マイページ

オフコート

久しぶりにコートに戻ってきたティームが、練習の翌日にビックリしたこと

ウィーンでの記者会見のティーム

ソーシャル・ディスタンシングの指針を遵守しながらトレーニングを行うことを政府が許可したことを受け、4月下旬からオーストリアで練習を再開したドミニク・ティーム(オーストリア)。久しぶりにコートでトレーニングしたが、その翌日にビックリしたことがあったという。

ティームはウィーンのアルトエアラーに練習拠点を移しており、同胞のデニス・ノバク(オーストリア)、セバスチャン・オフナー(オーストリア)、ユーリ・ロディオノフ(オーストリア)らと共に練習を行っている。


Tennis World USAによると、ティームは久しぶりのコート練習について「ちゃんとしたプレーをするのを楽しみにしていた。ゲームはとてもうまくいったよ」と手応えを感じたことを語っている。


とはいえ久しぶりのコート練習だったため、ビックリしたことがあったようだ。


「でも、翌日の筋肉痛が信じられなかったよ」


ティームといえば、豪快なフルスイングを持ち味にしつつ、グランドスラムではしっかり5セットを戦いきるスタミナを持つタフな選手。近年のグランドスラムでは、いわゆるBIG3がタイトルを独占しているが、ティームは2018年・2019年の「全仏オープン」、2020年の「全豪オープン」で準優勝となっており、彼ら以外では最も優勝に近い存在ともいえる。


オフシーズンでもハードワークをこなしているティームですら、久しぶりのコート練習は身体にこたえたようだ。


テニスツアーは新型コロナウイルスの影響のため、少なくとも7月12日までは中断することが決まっている。


(テニスデイリー編集部)


※写真はウィーンでの記者会見のティーム
(Photo by Martin Juen/SEPA.Media /Getty Images)

「マドリードオープンテニス バーチャルプロ」
プロテニス選手が参加するオンライントーナメント。

WOWOWメンバーズオンデマンドでは、大会の模様をライブ配信!
■詳細・放送スケジュールはこちら>

オフコートの関連記事

PAGE TOP
menu