マイページ

オフコート

お金か、愛か。(超美人恋人のいる)ズベレフの選択

写真は2020年「全豪オープン」でのズベレフ

テニスはスポーツであるだけでなく、一つの職業でもある。大会で支払われる巨額の賞金のおかげで、選手たちはたくさんのお金を稼ぐことができる。このことから、ある疑問が浮かぶ。テニス選手たちには自分たちが稼ぐお金よりも大切なものがあるのだろうか?先日、アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)がこの疑問に答えた。ウェブメディア Essentially Sportsが伝えている。

ズベレフはお金のどちらを選ぶかと質問され、次のように答えている。「愛がないなら、お金はいらないよ」。ズベレフは、この投稿に恋人である美人モデルのBrenda Pateaさんとの写真を添えて、彼女への愛を示した。


Pateaさんは、ベルリンで生まれ育ったドイツ人モデルだ。彼女は「ドイツで次に来るトップモデル」というリアリティショーに出場し、10位に選ばれた。後に恋人となるズベレフとは、2019年の「ATP1000 パリ」で出会っている。


二人が関係を公にしてからは、Pateaさんはズベレフが出場する大会に同行。2020年の「全豪オープン」で、ズベレフが初めてグランドスラムで準決勝に進出した際も、彼女は観客席から応援していた。


その後長い間、Pateaさんが恋人を応援する姿は見られていない。テニスの大会が中断されているからだ。現在、ATPの大会はいつ再開するのかと誰もが疑問に思っているに違いないが、残念ながらこの質問に対する明確な答えはない。


新型コロナウイルスは今も猛威をふるっている。その結果、テニスシーズンの中断はこれまでに2度延長された。まもなく状況が良くならなければ、今年の残りは全くテニスが見られないということになるかもしれない。


ズベレフは間違いなくそれを望んではいないはずだ。グランドスラムで初のベスト4に進出して素晴らしいシーズン幕開けを飾ったのだから、この調子を維持していくつかのタイトル獲得につなげたいだろう。一つ確かなことは、いつだって彼の隣にはPateaさんがいるだろうということだ。


(テニスデイリー編集部)


※写真は2020年「全豪オープン」でのズベレフ
(Photo by Graham Denholm/Getty Images)

オフコートの関連記事

PAGE TOP
menu