マイページ

オフコート

ズベレフ、昨年コロナに感染していた?

写真は2020年「全豪オープン」でのズベレフ

ドイツのトップテニス選手アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)は、知らずに新型コロナウイルスに感染していたのではと疑念を抱いている。テニス関連ウェブメディアTennis World USAが報じた。

昨年末、ズベレフは恋人と中国を旅行した。その後、二人は今年創設された国別対抗戦「ATPカップ」のためにオーストラリアに着いたが、二人とも体調がすぐれなかった。


ズベレフが言うには、咳がまったく止まらず、そんな経験はしたことがなかったという。「彼女と僕は1228日に中国に行った。僕はオーストラリアにいた間それから1ヶ月も、咳をしていたんだ。23日熱があって、5~6時間も咳をし続けた。彼女もだ。原因はわからなかった。そんな咳は、それまでしたことがなかった。痛みとかはなかったけど、本当に10秒おきぐらいに咳が出続けたんだ」


世界ランキング7位のズベレフの「ATPカップ」での戦績は思わしくなかった。ズベレフはシングルスで3戦全敗を喫し、ドイツはグループステージから勝ち進めなかった。


だが自己最高ランキング3位のズベレフは、その後の「全豪オープン」では立て直し、グランドスラムで自身初のベスト4進出を遂げた。22歳のズベレフは準決勝でドミニク・ティーム(オーストリア)から第1セットを奪ったが、その後たて続けに3セットを奪われて敗退した。


ズベレフ自身、自分が新型コロナに感染していたのかどうか確信はない。


(テニスデイリー編集部)


※写真は2020年「全豪オープン」でのズベレフ
(Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

オフコートの関連記事

PAGE TOP
menu
com