マイページ

オフコート

錦織 新コーチ・ミルニーとの初練習で手応え。「良い部分を引き出してくれそう」

錦織(左)とミルニー(右)

日本時間5日、錦織圭(日本/日清食品)が自身のInstagramで初めてライブ配信を行った。その中で新コーチのマックス・ミルニー(ベラルーシ)との初練習の感想を語った。

錦織は昨年11月にミルニーが新コーチを務めることを発表。しかし10月に右肘の手術を受け、日本でリハビリに取り組んでいたため、コーチ就任決定後に対面したのは3月だったという。また自身のアプリでは、現地3月13日にミルニーと初練習した様子を有料会員限定で公開していた。


そのミルニーとの練習について、錦織は「すごく感触は良いです。色んなことを知っているコーチですし、経験も知識もたくさんあって、今のところ新鮮で良いアドバイスをたくさんもらえています。テニスを変えていくっていうわけではないですが、良い部分を彼は引き出してくれそうな気はしているので楽しみです。なので早くツアーに戻りたいですけれど、しっかり時間のある間にコーチと色々相談してやりたいなと思います」と語った。


ミルニーは195cmの大きな身体や、恐れを知らないプレースタイルから「ビースト」というニックネームで呼ばれていた。24年のキャリアにおいて、男子ダブルスで52個、男子シングルスで1個のタイトルを獲得している。


錦織とミルニーはどちらもIMGアカデミーの出身で旧知の仲。錦織がアカデミーの若手選手だった頃にも一緒にたくさん練習し、アドバイスをもらっていたという。


錦織は現在フロリダ州・ブラデントンの自宅におり、ここもロックダウン中で「ほぼ家にいます」という。現在、テニスツアーは新型コロナウイルスの影響により、少なくとも7月12日まで中断することが決まっている。


(テニスデイリー編集部)


※写真は錦織(左)とミルニー(右)
(Getty Images)

オフコートの関連記事

PAGE TOP
menu