マイページ

オフコート

錦織のロックダウン中の自宅での過ごし方。「ほぼ家にいますね」

2019年の「ハワイオープン」での錦織圭

日本時間5日、錦織圭(日本/日清食品)が自身のInstagramで初めてライブ配信を行った。その中でロックダウン中の自宅での過ごし方について語っている。

錦織は現在フロリダ州・ブラデントンの自宅で過ごしている。ここもロックダウン中で、外出については「スーパーとか、緊急時の買い出しだったり、トゥーゴー(テイクアウト)でレストランに行ったりはできます」という。


錦織自身は「ほぼ家にいますね。自分の家の車庫だったり、2階のスペースに(トレーニング用の場所を)作ってトレーニングをしています」とのこと。


昨年10月に手術をした右肘については「怪我は大丈夫」としつつ、「4ヵ月試合がなく、時間があるのでゆっくりじっくりやりたい」と話した。


手術後にリハビリに取り組んでいたこともあり、約1ヶ月前からトレーナーと2人で家で過ごしているという。今は栄養士を呼ぶことも難しい時期のため、普段料理をしない2人で取り組んでおり、それが一番大変だと語っている。ケーキ作りにもハマっており、「もし見栄えが良いのが撮れたら載せていきます」とのことだ。


またゲームの「スプラトゥーン」もやっているという。


ちなみに錦織は4日に男子プロテニス選手会のTwitterを通して、筒状のストレッチポールにラケットを使ってテニスボールを入れる、ストレッチポールチャレンジを行う様子を自宅で撮影し公開。チャレンジを行うもボールは入らずそばのプールへ転がり、錦織も猛ダッシュで追いかけるという動画で、最後はプールに落ちてしまうというオチは写真で伝える面白い内容だ。


現在、テニスツアーは新型コロナウイルスの影響により、少なくとも7月12日まで中断することが決まっている。


(テニスデイリー編集部)


※写真は2019年の「ハワイオープン」での錦織圭
(Photo by Darryl Oumi/Getty Images)

オフコートの関連記事

PAGE TOP
menu