マイページ

オフコート

錦織 新型コロナは「自分のことのように感じてほしい」。本田翼の動画にも「有名な方が言ってくれると心に入ってくると思う」

「デビスカップ」予選ラウンド・日本対エクアドルでの錦織圭

日本時間5日、錦織圭(日本/日清食品)が自身のInstagramで初めてライブ配信を行った。その中で新型コロナウイルスについて「自分のことのように感じてほしい」と語っている。

「この時期を乗り越えれば、明るい未来が待っていると思うので、本田翼さんのYouTubeでもあった通り、もう少し(外出を)我慢してください。急上昇1位だったので見ましたが、影響力がすごいですね。ああやって有名な方が言ってくれると心に入ってくるだろうし、日本の現状は県によって違うと思いますが、なるべく自分のことのように感じて、特に若い世代の方は症状が出ないこともあるので、みんなに気を使うためにも、うつらないためにも、一人一人が気を付けてほしいなと思います」


女優の本田翼さんは、4日に自身のYouTubeで若い世代に対して不要不急の外出を避けるよう注意を促す動画を公開していた。この動画は5日昼時点で300万回以上再生されている。


また錦織は4日にも男子プロテニス選手会のTwitterを通して「家にこもることはストレスではありますが、ぜひこの機会に自分自身のレベルアップのためでもいいですし、時には家族のためだったり、他人にうつさないようにするために外に出ない、こういうことも改めて感じてほしいなと思います。こんな時だからこそ、笑顔を大切にしていきましょう」とメッセージを送っていた。


錦織自身はフロリダ州・ブラデントンの自宅におり、ここもロックダウン中。現在は「ほぼ家にいます」という。


現在、テニスツアーは新型コロナウイルスの影響により、少なくとも7月12日まで中断することが決まっている。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「デビスカップ」予選ラウンド・日本対エクアドルでの錦織圭
(Photo by Kiyoshi Ota/Getty Images)

オフコートの関連記事

PAGE TOP
menu