マイページ

オフコート

イタリアの若手テニス選手が新型コロナから祖国を救うピザ・チャレンジを提案

写真は2019年「全豪オープン」でのシンネル

新型コロナウイルスの世界的な大流行により、多くの人々は自宅で調理する時間が以前よりある。そこで2019年「Next Gen ATPファイナルズ」覇者であるイタリア期待の18歳ヤニク・シンネル(イタリア)が、その時間を利用してウイルスの蔓延と戦うあるアイデアをInstagramで発表した。

シンネルは、シンネルの顔か、過去・現在のイタリアの著名人の顔に似せたピザの写真を送ってくれたら、マネジメント会社のスターウィングスポーツと協力して、写真を1枚受け取るごとに10ユーロ(約1200円)を寄付すると発信した。寄付金は、パンデミックの間に欠かせない医療用品購入のための資金として使われるという。


参加方法は、「#SinnerPizzaChallenge」のハッシュタグをつけて、誰かの顔そっくりに作ったピザの写真をInstagramにアップロードすること。シンネルは、Instagramで次のように説明している。


「僕たちはみんな、孤独な隔離状態にあるけれど、僕らの国に少しでも寄付をするチャレンジを始めるのにいい時かもしれないと思ったんだ!僕と僕のマネジメント会社は、この新型コロナウイルスがもたらす厳しい時期に、イタリアを助けるために必要な医療用品を寄付したいと思う」


「僕にそっくりなピザ、または有名なイタリア人にそっくりなピザを作って、その写真をアップロードして。写真1枚ごとに10ユーロを寄付するよ。#SinnerPizzaChallengeのタグを使って、自家製ピザの写真をアップして認知度を高めて、他の人たちにもできる限り寄付を呼びかけ、みんなでこの苦難を乗り切ろう」


「P.S. 君も寄付を希望してくれる場合は、僕のプロフィールにあるリンクを利用して自由に寄付してね。今こそみんなで団結することが重要だよね(ハート)君の写真、楽しみにしているよ!」


※為替レートは2020年3月27日時点


(テニスデイリー編集部)


※写真は2019年「全豪オープン」でのシンネル
(Photo by Hannah Peters/Getty Images)

オフコートの関連記事

PAGE TOP
menu