マイページ

オフコート

モンフィス、バレンタインを恋人と過ごせず「早く会いたい」

写真は2020年「ATP500ロッテルダム」でのモンフィス

ガエル・モンフィス(フランス)は、現在ATPの大会で9連勝中。「ATP250 モンペリエ」「ATP500 ロッテルダム」でキャリア初の2大会連続優勝を飾った。Essentially Sportが伝えている。

前回優勝者として「ATP500 ロッテルダム」に第3シードで参戦したモンフィスは、最後まで1セットも落とさずに連覇を遂げた。オランダでそんな成功を収める一方で、恋人であるエリナ・スビトリーナ(ウクライナ)とバレンタインデーを一緒に過ごすことは叶わなかった。


バレンタインデー当日、モンフィスとスビトリーナは共にプロテニス選手としてテニスに没頭していた。スビトリーナはアジアでラケットを振り、モンフィスは遠く離れたヨーロッパにいた。モンフィスはそのことを寂しく思っていたようだ。


モンフィスは、ロッテルダムで「彼女とはもう話をしたよ。エリナみたいな素晴らしい恋人がいて、僕は本当に恵まれているし幸せだよ。彼女に会うのが待ち遠しい」と気持ちを打ち明けた。


モンフィスとスビトリーナは、常にチャリティや福祉活動を行っている。二人はウクライナのオデッサ小児病院に、試合でエースを取るごとに1本あたり100ドル(約1100円)を寄付している。また、スビトリーナはウクライナでエリナ・スビトリーナ財団を運営している。そこでは子どもたちにテニスに親しんでもらい、努力や規律といった価値について教えている。


スビトリーナは、トップシードとして参戦した「タイオープン」で準々決勝に進出したが、日比野菜緒(日本/ブラス)にストレートで負けてしまった。日比野はこれが初めてのトップ10選手相手の勝利で、ランキングもこの時の84位から大会後は75位に急上昇。日比野は、「彼女は世界トッププレーヤーの1人なので、今日は勝つことができて本当に嬉しいです。彼女がプレーするのを何回もテレビで見ていましたから。最高です」と語った。


逆にスビトリーナは世界ランキング4位から6位にダウン。その後UAEに飛び、「ドバイ・デューティフリー・テニス選手権」でジェニファー・ブレイディ(アメリカ)と対戦予定。


※為替レートは2020年2月18日現在


(テニスデイリー編集部)


※写真は2020年「ATP500ロッテルダム」でのモンフィス
(Photo by Jan Kok/Soccrates/Getty Images)



オフコートの関連記事

PAGE TOP
menu