マイページ

オフコート

フェデラー、ナダルとの長年の夢だった南アフリカでのエキシビションマッチを語る

写真は南アフリカでエキシビションマッチ現地入りし、記者会見を行うフェデラー

ロジャー・フェデラー(スイス)は、なぜこれまで南アフリカでプレーしなかったのかと聞かれた時、頭を振ってきまり悪そうな表情を見せた。南アフリカは、彼の母親が生まれた土地だからだ。Fox Sportsが伝えている。

「正直なところ、どうしてこんなに時間がかかったのか分からないんだ」とフェデラー。「僕は考えた。20年間プロとしてプレーして来て、今のような選手になれたのに、南アフリカで一度もプレーしたことがないなんて、あっていいのかと。そのままキャリアを終わることはできないと」


フェデラーはスイス出身で、現在38歳。彼はたくさんのことを成し遂げたのにいまだやっていなかったことをする決断をし、長年のライバルであるラファエル・ナダル(スペイン)と共に、南アフリカのケープタウンでエキシビションマッチを行うことを発表した。


「ツアーのスケジュールは、知っているよね。だからこのことが本当に実現することに、今、すごく興奮しているんだ。そして、調子が最高の状態であるように願っている。きっと大丈夫と信じているけど」と、フェデラーは「全豪オープン」の準決勝で敗れた後に語った。その試合では、フェデラー動きは鼠径部の筋肉を傷めて鈍くなっていたのだ。


「そして、ラファが喜んで一緒に来てくれることが、とにかく嬉しいよ。僕の両親もとても喜んで、誇りに思ってくれていると思う。これは僕にとって本当に大事な出来事になるだろうね」


この試合で、アフリカ6ヶ国とスイスの幼児教育を援助している「ロジャー・フェデラー基金」のために100万ドル(約1億980万円)を集めるのが目標である。基金のCEOであるJanine Haendel氏は、その基金はこれまでに100万人以上の子供たちを支援してきたと明かしている。


「きっとフェデラーにとって、感動的なものになるでしょう。南アフリカでプレーすることは、彼にとって長年の夢であり、ずっとあたためていた計画だったんです」とHaendel氏。このイベントには、ビル・ゲイツ氏も参加する予定である。


しかしこれは単に支援のお金を募ることだけが目的ではない、とフェデラーは言った。彼はできるだけ多くの人に来てもらいたいと願っていて、チケットのうち1万枚は約11ドル(約1,200円)で発売された。目標観客数は5万人で、達成されればテニス界における最大の観客数となる。


「皆に知らせたいんだ、テニスはビッグなスポーツなんだってことを」とフェデラー。彼は、それを様々な方法で広めようとしてきた。オスカー授賞式に登場したり、メトロポリタン美術館のガラに現われたり、世界のあらゆる場所でエキシビションマッチを行ったり。


「多分、言葉を広めるのに近いことなのかな。伝道みたいに。普通テニスで行く機会のないような場所に行って、テニスというスポーツにあまり親しみのなかった人たちにテニスを紹介するんだよ」


※為替レートは2020年2月6日現在


(テニスデイリー編集部)


※写真は南アフリカでエキシビションマッチ現地入りし、記者会見を行うフェデラー
(Photo by Reg Caldecott/Gallo Images/Getty Images)

オフコートの関連記事

PAGE TOP
menu