マイページ

オフコート

親友メーガン妃とヘンリー王子の衝撃的な発表について、セレナの見解は

写真は2019年「全米オープン」でセレナの試合をセレナのお母さんと観戦しているメーガン妃

セレナ・ウイリアムズ(アメリカ)は、親しい友人であるイギリス王室のメーガン妃が発表した劇的な皇室からの離脱について問われた。英Express紙が報じている。

ヘンリー王子とその妻メーガン妃は職務から退き、今後イギリスと北米で過ごしていくことを発表。この衝撃的な発表の内容について、夫妻はエリザベス女王やチャールズ皇太子にも事前に相談をしていなかったようだ。BBC(英国放送協会)が今回の発表によって高位王族たちは傷ついたと報じているように、バッキンガム宮殿では失望感が流れている。


セレナとメーガン妃は、とても仲の良い友人関係にある。そのため、オークランドで行われた「ASBクラシック」で、クリスティーナ・マクヘイル(アメリカ)に勝利した試合後、メーガン妃の状況について質問されたが、セレナは笑顔で「それについて、私は触れないわ」とコメントを拒否した。


メーガン妃は、2019年の「ウィンブルドン」と「全米オープン」の決勝でセレナの試合を見に会場を訪れている。メーガン妃が「全米オープン」の決勝を見るため、アメリカまで飛行機で行ったのは9月のこと。その後、11月にセレナはメーガン妃との関係を語った。


「生まれたばかりの赤ちゃんがいるのに、彼女は私の試合を見るためにはるばるニューヨークまで来て、その夜には帰っていったの。多分、私にはそんなことできないわ。これは彼女がどんなに素晴らしい人なのかがわかるエピソードだと思うし、その他にも彼女は私のためにたくさんのことをしてくれているのよ。私は、泣いている時や気持ちが安定しない時、彼女に電話やメッセージをするの。彼女はどんな状況の時でも時間を作ってくれる。本当に素晴らしい人よ」


(テニスデイリー編集部)


※写真は2019年「全米オープン」でセレナの試合をセレナのお母さんと観戦しているメーガン妃
(PPhoto by Tim Clayton/Corbis via Getty Images)

「全豪オープンテニス」 大会第1・2日無料放送
2020シーズン最初のグランドスラムとなる全豪オープンテニス。WOWOWで決勝まで連日生中継!
2連覇を目指す大坂なおみを中心に現地の感動と興奮をお届け。

【放送予定】2020年1月20日(月)~2月2日(日)連日生中継[大会第1・2日無料放送]
■詳細・放送スケジュールはこちら>

オフコートの関連記事

PAGE TOP
menu