マイページ

オフコート

テニス選手に何故か大人気のモルディブ。チチパス「まるでプレーヤーズラウンジ」

ジョコビッチが宿泊したとされるOne & Only Reethi Rah

長い選手では1年の内、約11ヵ月間戦い続けるテニス選手たち。しかし現在はオフのため、それぞれ短いながらも休暇を楽しんでいる。世界中にリゾートはあるものの、その中でもテニス選手たちに人気のバケーション先がある。それがモルディブだ。

モルディブはインド洋に位置する熱帯の国。数多くの珊瑚礁の島で構成され、美しく透明度の高い海が魅力のリゾート地だ。


そのモルディブでのバケーションの様子を、セレナ・ウイリアムズ(アメリカ)、ダニール・メドベージェフ(ロシア)、カレン・ハチャノフ(ロシア)、ロビン・ハッサ(オランダ)、アンドレアス・セッピ(イタリア)、ダミアー・ジュムホール(ボスニア・ヘルツェゴビナ)、フェルナンド・ベルダスコ(スペイン)、ラドゥ・アルボット(モルドバ)、ユルゲン・メルツァー(オーストリア)、ブラジュ・ロラ(スロベニア)、マイク・ブライアン(アメリカ)など、大勢のテニス選手がSNSで投稿している。


またSNSで投稿こそしていないものの、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)やロジャー・フェデラー(スイス)もモルディブで今年過ごしていると、Tennis World USAや地元メディアのCorporate Maldivesが報じている。


この大人気ぶりには、モルディブではなくアイスランドで過ごしたステファノス・チチパス(ギリシャ)も、自身のTwitterで「モルディブはプレーヤーズラウンジ」と投稿。Tennis TV公式Twitterも、「モルディブ」という単語をミュートするジョーク動画を投稿している。


(テニスデイリー編集部)


※写真はジョコビッチが宿泊したとされるOne & Only Reethi Rah
(Photo by Michel RENAUDEAU/Gamma-Rapho via Getty Images)

オフコートの関連記事

PAGE TOP
menu