オフコート

ナダル、フェデラー、メルツァーらがATP選手会に選出されたと発表

左からジョコビッチ、ナダル、フェデラー

ATPが、以下選手らを選手会委員に選出したと発表。 今回新たに発表された選手と内訳は下記の通り。


シングルス1位~50位部門ラファエル・ナダル(スペイン)
ダブルス1位~100位部門ユルゲン・メルツァー(オーストリア)
全体ロジャー・フェデラー(スイス)

ナダル、メルツァー、フェデラーらは、「ウィンブルドン」に先立って辞任したロビン・ハッサ(オランダ)、ジェイミー・マレー(イギリス)、セルゲイ・スタコウスキー(ウクライナ)の後
任を埋める形で、現任委員たちから選出された。彼らは、すぐに影響力を発揮し、任期の2020年の「ウィンブルドン」まで委員を務めることになる。


ダニエル・バルバードゥ(ベネズエラ)の辞任に伴うコーチ枠代表選出は追って行われる見込みだ。



今回の新しい体制での選手会の会合は、「全米2019オープン」の前にニューヨークにて開かれる。現時点でのATP選手会の構成員は以下の通り。


・シングルス1位~50位枠ケビン・アンダーソン(南アフリカ)、ジョン・イズナー(アメリカ)、ラファエル・ナダルサム・クエリー(アメリカ)


・シングルス51位~100位枠ルー・イェンシュン(台湾)、バセック・ポスピショル(カナダ)


・ダブルス1位~100位枠ユルゲン・メルツァーブルーノ・ソアレス(ブラジル)


・全体枠ノバク・ジョコビッチ(セルビア)、ロジャー・フェデラー


・引退選手枠:コリン・ダウデスウェル(イギリス)


・コーチ枠:未定



※ATP選手会とは、ATPを構成する組織の一つ。最終決定権を持つ役員会に対し助言を行う機関。



構成委員には、シングルス1位~50位の選手から4名、シングルス51位~100位と、ダブルス1位~100位、全体からそれぞれ2名ずつ、コーチと引退戦選手からそれぞれ1名の、計12名が選出される。現在の会長はジョコビッチで、副会長はアンダーソンが務めている。


Photo by Getty Images (左からジョコビッチ、ナダル、フェデラ)



翻訳ニュース/ATPTour.com



ATP TOUR LOGO.jpg

【スタッフ募集】テニスデイリーでは編集ライターを募集しています。

テニスデイリーは4大大会期間に600万PV、200万UUを突破したテニス情報サイトです。
編集経験、ライター経験を活かしたい方、あなたの言葉でテニスの魅力をもっと日本に広めませんか?

■詳しい応募内容はこちら> ご応募お待ちしています!

友だち追加

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu