オフコート

セレナが女子サッカー米国代表チームの問題について理解を示す

「BNPパリバ・オープン」の会見時のセレナ

セレナ・ウイリアムズ(アメリカ)は、女子サッカー米国代表チームが賃金の平等を求めてUSSF(アメリカサッカー連盟)を提訴した問題について問われ、「米国代表チームが今やっていることで、女子サッカーの未来がより良いものになることを願っています」と理解を示した。

セレナが契約するナイキは、かねてより女性アスリートの向上と男女平等を訴え、新CM「Dream Crazier」を制作。趣旨に賛同したセレナが出演とナレーションを担当し話題を集めている。


出場した「BNPパリバ・オープン」でインタビューに応じたセレナは、先の女子サッカー米国代表チームの訴訟問題について、「(サッカー界に)バカバカしいほどの賃金格差があることは知っている」とし、WTA(女子テニス協会)の歴史と、ビリー・ジーン・キング(アメリカ)の先駆的ビジョンに触れた。


キングは、現役時代から男女平等賃金や優遇を訴えてきた先駆者で、今もなお様々な支援活動をしている、テニス界の重鎮だ。現在、すでに同額賞金のグランドスラムをはじめ、今回の「BNPパリバ・オープン」のような大きな大会では優勝賞金が男女同額になりつつある。


その上で、セレナは「これは闘争であり、戦いです。テニスでは、70年代に素晴らしい女性たちがパイオニアとして立ち上がり、身銭を切って、男性と同じ待遇を要求すると言いました。かつて立ち上がった人たちがいたのです。どのスポーツでも、ある時点で、こういった先駆者の存在が必要になるのだと思います。そして今、サッカーはその時を迎えているのかもしれません。私がプレーできているのは、問題に立ち向かってくれた人たちのおかげです。米国代表チームが今やっていることで、女子サッカーの未来がより良いものになることを願っています」とエールを送った。


これからのスポーツ界における女性アスリートの動きに注目したい。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「BNPパリバ・オープン」の会見時のセレナ
(Photo by Kevork Djansezian/Getty Images)

友だち追加

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu