マイページ

オフコート

大坂なおみ「私も錦織選手のようになりたい」。記者会見で錦織をリスペクト

錦織と大坂

「日清食品ドリームテニスNAGOYA2018」エキシビションマッチで夢のダブルスを組んだ、錦織圭(日本/日清食品)と大坂なおみ(日本/日清食品)。そのイベント前に両者が揃って記者会見に登場し、お互いについて語った。

錦織は初めてミックスダブルスを組む大坂について「すごく楽しみです。頼りがいのある、なおみちゃんというパートナーがいるので」と話すと、大坂は「ミックスダブルスは初めてだから、特別に何かすることがなければいいわ」と答えた。


さらに大坂は「錦織選手はミステリアスな人。ツアー仲間に彼を悪く言う人はいない。私も錦織選手のようになりたい」と錦織を評した。


そんな錦織/大坂は25日、チョン・ヒョン(韓国)/奈良くるみ(日本/安藤証券)とエキシビションマッチで対戦。二人は先にどちらがサービスを打つかジャンケンで決めようとするが、なかなか噛み合わないシーンも。試合前から笑顔を見せていた。


ドリームペアは一旦0-4で敗れたが、急遽延長でタイブレークが行われ、そこでは錦織/大坂が勝利。最終的にこの試合は引き分けとされた。すると錦織は試合後のインタビューで「完全勝利だったので嬉しいです」ととぼけたように答え、インタビュアーに完全でしたかねと返されると「そうですね、完全にほど近い勝利でしたね」と話した。


一方の大坂は「とても面白い試合だったと思います。タイブレークは勝ったので楽しかったです」と振り返り、錦織と公式戦でペアを組む可能性について聞かれると「練習が必要ね」と笑顔を見せながら答えた。


日本テニス界をリードする錦織と大坂、これからも二人がお互いを刺激し合って活躍する姿を期待したい。


(テニスデイリー編集部)


※写真は錦織(Photo by TPN/Getty Images)と大坂(Photo by Julian Finney/Getty Images)

オフコートの関連記事

PAGE TOP
menu