オフコート

フェデラー 今季敗戦の振り返りも一流。「失敗したからこそ、もっといいプレーができる」

「Nitto ATPファイナルズ」でのフェデラー

グランドスラムのシングルスタイトル20個を含め、キャリア通算99個のシングルスタイトルを獲得し、2018年シーズンを終えたロジャー・フェデラー(スイス)。Tennis World USAによると、フェデラーは今シーズンの敗戦について振り返った。

記者からの質問は、今年の試合の内2ポイントをもう一度プレーできるとしたらどれを選ぶか、というもの。


フェデラーは「インディアンウェルズでのデル ポトロとの試合のマッチポイントか、ウィンブルドンのアンダーソンとの試合のマッチポイントだ」と答えた。その上で「とは言っても、機会を逃したああいったポイントを後悔しているわけではない。今シーズンはご覧の通りだ。それに、もっとうまくやるチャンスを自分に与えることで、来年への自信になる。失敗したからこそ、もっといいプレーができる」とあくまで前向きに振り返った。


37歳にして完成度はさらに高まっているフェデラー。来シーズンもその華麗なプレーだけでなく、一流の発言や姿勢からも目が離せない。


なお、フェデラーが次に出場予定の大会は、12月29日からオーストラリアのパースで開催される男女混合国別対抗戦「ホップマンカップ」。ツアーの大会ではないものの、1月末の「全豪オープン」に向けて大物選手も出場することで注目されている。フェデラーは、現在女子世界ランキング44位で元世界7位のベリンダ・ベンチッチ(スイス)とチームを組む予定で、今季「ホップマンカップ」と同じ顔ぶれで臨むことになる。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「Nitto ATPファイナルズ」でのフェデラー
(Photo by Fred Lee/Getty Images)

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu