マイページ

国内ニュース

錦織 2018年CMランキングの男性部門4位に

「Nitto ATPファイナルズ」での錦織

日本男子テニス界のエース錦織圭(日本/日清食品)が、平成最後のタレントCM起用社数ランキングで4位に入った。

12月3日、メディアの調査・分析を行うニホンモニター株式会社が「2018タレントCM起用社数ランキング」を発表。男性部門で錦織は、タレントの出川哲朗、秋山竜次(ロバート)、高橋一生に次いで4位にランクイン。契約社数は10社にのぼる。

同ランキングで2016年には12社に起用され、嵐の相葉雅紀とともに1位に輝いたこともある錦織。その彼を2018年CMに起用したのは、アサヒビール/NTTグループ/ジャガー・ランドローバー・ジャパン/ジャックス/日清食品/日本航空/森永製菓/久光製薬/ユニクロ/WOWOW。

今年11月には日清食品の新CM撮影で、大坂なおみ(日本/日清食品)と再び共演。錦織はそのことを自身の公式アプリで動画報告していた。錦織が大坂に「どうでしたか、撮影は」「楽しかったですか」と質問。すると大坂は、いつものようにいたずらな笑みを浮かべ「あんまり」と冗談を言い、直後に「楽しかった」と笑顔で答えていた。この大坂の発言に錦織も思わず笑い、最後は「ということです。さようなら」と動画を締めくくった。

仲の良い様子を見せた両者は、その後「日清食品ドリームテニスNAGOYA2018」のエキシビションマッチで初めてダブルスペアを組み、観客を大いに楽しませた。

(テニスデイリー編集部)

※写真は「Nitto ATPファイナルズ」での錦織
(Photo by Fred Lee/Getty Images)

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu