マイページ

ジュニア

全米OPジュニア出場予定の山口が女子優勝!男子は藤原が勝利!全日本ジュニア

全国選抜高校テニス大会の山口瑞希

「DUNLOP SRIXON 全日本ジュニアテニス選手権 '19 supported by NISSHINBO」(大阪府/8月8~17日/ハードコート)は大会最終日を終え、U18男女シングルス決勝が行われた。

男子は第3シードの藤原智也(関西/東山高)が第2シードの三井駿介(東海/アクトスポーツクラブ)を6-3、6-4のストレートで破り、インターハイに続くジュニア2冠を達成。


女子は、第12シードの山口瑞希(関西/城南学園)が第1シードの木本海夢夏(関西/トップランAIOI)に7-6(4)、4-6、(10-4)で勝利し、高校選抜個人戦に続き全国タイトルを獲得した。





男子シングルス決勝戦、藤原は三井の安定した守備力の前に苦戦し、2時間3分とスコアからは考えにくいほどの、長時間にわたる試合を強いられた。全日本ジュニア男子シングルスでは、ここ三年ほど「U18の前回大会準優勝者は、次の年に優勝する」ということが続いており、前回大会準優勝者である藤原は、優勝への大きなプレッシャーを感じながらの試合だった。


藤原は、長いラリーデュースの続く試合を制し、綿貫陽介(日本)も繫いできた前回大会準優勝者が翌年優勝するサイクルを見事守り抜いた。三井は、来年も出場すると同じプレッシャーを感じながらの戦いとなるのではとの問いに「これで来年出なかったら「逃げるな」ってコーチからも言われるでしょうね」と答えた。





女子シングルス決勝戦では、お互いに3度ずつブレークを奪う均衡した戦いの末、タイブレークに突入した第1セットを山口が先取。第2セットでは4度のブレークを許しセットカウント1-1に追いつかれたものの、山口が粘り、見事に優勝した。


今年の高校選抜を予選から戦い抜き初優勝した第12シードの山口は9月1日から始まる「全米オープン・ジュニア選手権」へのワイルドカードでの出場が決定しており、高校生日本一の山口が世界の舞台でどこまで力を発揮できるのが楽しみだ。


(テニスデイリー編集部)


※写真は全国選抜高校テニス大会の山口瑞希(photo by ©スマッシュ)



******************************

「全米オープンテニス」
2019シーズン最後のグランドスラム、全米オープンテニスをWOWOWで独占生中継!
大坂なおみが大会連覇を、錦織圭が日本人男子初のグランドスラム優勝を目指して戦う! 

【放送予定】2019年8月26日(月)~9月9日(月)連日独占生中継 [第1日無料放送]
■詳細・放送スケジュールはこちら>

******************************

ジュニアの関連記事

PAGE TOP
menu