マイページ

ジュニア

8月17日男子◆高校2年生の奮闘【全日本ジュニア2018】

大会の様子

8月8日(水)から17日(金)まで、大坂の靭テニスセンターと江坂テニスセンターで全日本ジュニア選手権が開催されました。最終日となる8月17日は、靭TCで男女の18歳以下の決勝が行なわれました。

18歳以下シングルス男子決勝
◆インターハイが終わってすぐに開始される全日本ジュニア。インターハイに出場した選手たちは、真夏の暑さの中でプレーした、蓄積された疲労とも戦うことになります。そんな中、インターハイ3冠を達成した白石光(有明ジュニアTA)はベスト8に入りました。そして、インターハイシングルスと団体戦とも3回戦で敗れた藤原智也(東山高)は、「インターハイで負けた悔しい思いを今大会に生かせた」と、決勝に駒を進めました。

決勝のカードは、第1シード田島尚輝(TEAM YONEZAWA)と第2シードの藤原智也の対戦。田島は全仏オープンジュニアのダブルスで優勝した堂々の日本トップジュニア。藤原は第2シードですが、まだ高校2年生で「居心地は悪かった」と言います。それでもしっかりと決勝に進み、田島への挑戦権を手に入れました。

02 boy RU.jpg

「相手は強くてビビッてしまうところがあったけれど、チームのためにも頑張ろうと思いました」と言う藤原。会場には仲間が応援に来てくれており、彼らからのエールで気持ちを強く持って試合に臨みました。

ストロークをうまくコントロールし、第1セットの4-4まで競りますが、藤原のサービスゲームでミスが目立ち落とすと、第1セットを失います。第2セットもリードされるものの、粘る場面も見せました。しかし、地力で勝る田島にはかなわず、4-6, 4-6で準優勝となりました。

田島によると、以前、綿貫陽介がツイッターで以下のようなことをつぶやいていたそうです。――自分が17歳で準優勝し、18歳の時に優勝、その時の相手が17歳の清水悠太。清水は翌年優勝し、その時の相手が17歳の田島尚輝。だから、大丈夫と――

田島は必ず勝とうと思ったそうです。その流れでいくと、来年は藤原が優勝するか...。先輩3人が成長したように、藤原も強く成長してほしいと思います。

(©スマッシュ)

※写真は大会の様子
(©スマッシュ)

ジュニアの関連記事

PAGE TOP
menu