マイページ

ジュニア

8月16日男子ピックアップ◆ケイレンに負けず最後までコートに立つ【全日本ジュニア2018】

大会の様子

8月8日(水)から17日(金)まで、大坂の靭テニスセンターと江坂テニスセンターで全日本ジュニア選手権が開催されています。8月16日は、靭TCで男女の12歳以下、14歳以下、16歳以下の決勝、18歳以下の準決勝が行なわれました。

その中から18歳以下男子準決勝をピックアップ。

◆第14シードの山中太陽(西宮TC)と第2シードの藤原智也(東山高)の対戦。山中は昨年16歳以下で優勝しており、片手バックハンドが特徴です。藤原は昨年のJOCジュニアオリンピックカップで優勝しています。2人とも高校2年生で、18歳以下のカテゴリーでは1学年下になります。

山中は昨日の準々決勝で、インターハイで3冠を達成した白石光(有明ジュニアTA)にストレートで勝利しました。白石の3回戦を見て「守備を破らないと勝てない」と思ったそうで、自分は攻撃的なショットに加えてペースを変えたりと、どんどん攻めていきます。「白石くんの連勝を止めてやろう」という気持ちも加わり快勝しました。藤原も失セット0で、準決勝まで駒を進めています。

第1セットは藤原が6-3で取り、第2セットもリードしますが、山中が得意のフォアを使って攻撃姿勢を打ち出していき、挽回して7-5で取り返します。ファイナルセットは、攻撃を続ける山中に対し、藤原がしっかりと返球していきブレークに成功。そして、3-1藤原リードとなった段階で、山中に異変が起こります。足が動きません。4-1のタイミングでメディアタイムアウトを取り、コートに再び立ちましたが、動けないままです。右足の股関節と太ももがケイレンしていたのですが、「やめるか迷いましたが、1-4だったし最後までちゃんとやろう」と決意して試合を続け、3-6, 7-5, 1-6で試合を終えました。試合後は車いすでコートを後にしました。

01 boy18.jpg

山中は大会を振り返り、「優勝を狙っていたので残念ですが、自信はつきました。あとは体力です」。フィジカルトレーニングも頑張り、身体が大きくなったぶん、ショットの威力も増していました。最後まで試合を続けた根性で、これからも頑張ってほしいです。藤原は明日、第1シードの田島尚輝(TEAM YONEZAWA)に挑みます。

(©スマッシュ)

※写真は大会の様子
(©スマッシュ)

ジュニアの関連記事

PAGE TOP
menu