マイページ

ジュニア

男子は秀明八千代が初優勝を飾る【東海インターハイ2018/団体戦】

大会の様子

「東海インターハイ2018」のテニス競技。大会3日目となる8月4日(土)は、三重県の霞ヶ浦テニスコートと四日市ドームを舞台に、男女各団体戦の準決勝と決勝が実施された。試合はダブルス1+シングルス2の計3試合の結果で争われる団体戦で、3回戦までは8ゲームプロセット、準々決勝以降は3セットマッチで行なわれた。

M2 (1).jpg男子準決勝は、秀明八千代(千葉)が大分舞鶴(大分)と、早稲田実業(東京)が名古屋(愛知)と対戦した。秀明八千代はダブルスで鈴木陸翔②/加藤潤③が、大分舞鶴の井上隆也③/稲田康太郎③に敗退。とはいえ秀明八千代の両輪である白石光③と坂川広樹③のシングルスが、大分舞鶴の田口涼太郎③と河内健③を競り合いながらもストレートで破り2年連続で決勝へと駒を進めた。

M4.jpg早稲田実業と名古屋の一戦は、前者に軍配が上がる。早稲田実業は、エースの丹下将太③をダブルスに組み入れる新布陣で臨戦。するとこの丹下/増田健吾③が力強いプレーで名古屋の鈴木悠太③と宮本貫太郎③に勝利。S2で藤岡凌大②が名古屋のテクニシャン石榑元晴③の前に屈するも、S1渡部将伍③が踏ん張って高羽蓮③に勝利。早稲田実業は、今春の全国選抜で敗れている名古屋に借りを返したうえで、決勝進出を果たした。

M3 (1).jpg決勝は両校のエースが鍵を握る展開となった。まずダブルスで早稲田実業の藤岡/増田が、秀明八千代の鈴木/加藤を破り先手をとる。するとS2では秀明八千代の坂川が、渡部を下して星を取り返す。そして残ったS1、「準決勝の途中から足がつりそうだった」白石が序盤は2-5と劣勢に立たされるも、「声を出すようにしたら、少し身体が楽になった」ことで怒涛の追い上げ披露。第1セットを7-5で物にすると、続く第2セットも1-3の劣勢から巻き返してタイブレークの末に勝利。チームに初の栄冠をもたらした。

大会4日目となる8月5日(日)からは、いよいよ男女各シングルスとダブルスの個人戦が開幕する。会場は、男子が霞ヶ浦テニスコート、女子は四日市ドームにて、9時からスタートする。団体戦で上昇気流に乗った選手、あるいは不完全燃焼に終わった選手。様々な思いを胸に、新たな戦いの幕が切って落とされる。

※本文中の丸数字は学年

(©スマッシュ)

※写真は大会の様子
(©スマッシュ)

ジュニアの関連記事

PAGE TOP
menu