マイページ

ジュニア

女子は連覇を狙う四日市商が敗退【東海インターハイ2018/団体戦】

大会の様子

「東海インターハイ2018」のテニス競技。大会2日目となる8月3日(金)は、三重県の霞ヶ浦テニスコートと四日市ドームを舞台に、男女各団体戦の3回戦と準々決勝が実施された。試合はダブルス1+シングルス2の計3試合の結果で争われる団体戦で、3回戦までは8ゲームプロセット、準々決勝以降は3セットマッチで行なわれた。

W2.jpg女子は連覇を狙う地元の四日市商が、準々決勝で愛知啓成(愛知)に敗れてベスト8で舞台を降りた。四日市商は「まずは自分が勝ってチームに勢いを与えたい」と語るキャプテンの原田真実子③と川本茉穂②によるダブルスが先勝するも、S1のエース吉岡希紗③とS2の堤華蓮②はともにフルセットにもつれ込む接戦を演じながらも勝ち切れず。1勝2敗で夢は潰えた。姿や形の違う小さな花が集まって、大きな花を咲かせる。そんな思いを乗せた「百花繚乱」をスローガンに戦ってきた四日市商。キャプテンの原田は「自分たちは本当に幸せだった。多くの方々に応援してもらい、素晴らしいコートで素晴らしい仲間と一緒に戦えました。今日は負けましたが、今までやってきたことには何も後悔していません」と試合後に語った。

W3.jpg一方、第1シードの相生学院(兵庫)は、前日に屋外コート(三滝テニスコート)での試合をこなしていただけに体力低な消耗が心配されたが、「各々が自分の試合によく集中できている」というキャプテンの田中菜冴美③の言葉通り、3回戦では高松北(香川)を、準々決勝では山梨学院(山梨)を破ってのベスト4入りを果たした。準決勝の相手は愛知啓成。「ここまできたら自分たちを信じて戦うだけです」と相生学園の田中は決意を語る。

また、ノーシードながら今大会で存在感を放つ野田学園(千葉)は、3回戦で京都外大西(京都)を、準々決勝では今年の全国選抜4強の白鵬女子(神奈川)に勝利。4日の準決勝では、全国選抜準優勝の仁愛女子(福井)と対戦する。

大会3日目となる8月4日(土)は、霞ヶ浦テニスコートと四日市ドームにて9時から、団体戦の準決勝と決勝が行なわれる。

※本文中の丸数字は学年

(©スマッシュ)

※写真は大会の様子
(©スマッシュ)

ジュニアの関連記事

PAGE TOP
menu