マイページ

ジュニア

男子シングルスはノーシードの若松泰地がベスト4進出【第36回 第一生命全国小学生テニス選手権大会】

男子シングルスの様子

台風一過の空のもと、小学生のチャンピオンを決める全国小学生テニス選手権大会が行われた。

3回戦と準々決勝を行なった29日、滋賀県の若松泰地が3回戦で第4シードの高橋遼介を、準々決勝5年生の櫻井成を倒し、唯一ノーシードでベスト4進出を決めた。

今年4月にプロになった清水悠太と同じ系列のテニスクラブに所属する若松は、低学年の時に清水と打ってもらったことがあり、目標にしている選手だと言う。

プレーもオープンコートの配球がうまく、色々なショットで組み立てながら相手を崩していく、清水にも似たプレースタイルで戦う。

30日の準決勝では「相手は第1シードで、全国選抜では負けているので、これまでやってきたことを活かし頑張りたいです」と、ノーシードのチャレンジャー精神で戦う意気込みを見せた。

miyakawa2.jpg

7月29日の結果は下記のとおり。
【準々決勝】※3セットマッチ
前田透空[1] 6-3、6-1 神山宏正[11]
若松泰地 6-3、6-3 櫻井成[10]
浅田紘輔[3] 6-3、6-2 金子正人
富田悠太[2] 6-2、6-1 宮川侑士

【3回戦】※8ゲームマッチ
前田透空[1] 8-1 木村一翔[15]
神山宏正[11] 8-3 奥出悠貴
若松泰地 8-6 高橋遼介[4]
櫻井成[10] 8-4 宮里琉星[8]
金子正人 8-4 高橋廉汰朗
浅田紘輔[3] 8-4 中廣勇太[14]
宮川侑士[5] 9-8(3) 坂本怜[9]
富田悠太[2] 8-1 松永朔太郎[13]

7月30日は午前10:00より試合開始予定です。
日程/7月27日~7月30日
場所/第一生命保険株式会社相娯園グラウンドテニスコート

(©スマッシュ)

※写真は男子シングルスの様子
(©スマッシュ)

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu