マイページ

【9/22試合結果】大坂なおみ2年ぶり決勝進出。ダブルスは加藤/二宮が日本人ペアとして史上初の同大会優勝[東レ パン・パシフィック・オープン]

「東レ パン・パシフィック・オープン」準決勝での大坂

9月22日、「東レ パン・パシフィック・オープン」(日本・東京/9月17日~23日/ハードコート)大会6日目。女子シングルス準決勝、女子ダブルス決勝が行われた。

女子シングルス準決勝、第3シードで世界7位の大坂なおみ(日本/日清食品)が世界37位のカミラ・ジョルジ(イタリア)に6-2、6-3で快勝。前日はやや課題のあったサービスもしっかり修正し、圧巻の内容で自身2年ぶりの同大会決勝進出を決めた。

もう一方の準決勝、第4シードで世界8位のカロリーナ・プリスコバ(チェコ)が世界45位のドナ・ベキッチ(クロアチア)を6-2、4-6、6-3のフルセット激闘の末破った。プリスコバはこれで3戦連続のフルセット、全て2時間超えの試合を制しての決勝進出となった。

女子ダブルス決勝では、ノーシードの加藤未唯(日本/ザイマックス)/二宮真琴(日本/橋本総業ホールディングス)が第1シードのアンドレア・フラバチコバ(チェコ)/バーボラ・ストリコバ(チェコ)を6-4、6-4で撃破。加藤/二宮は日本人ペアとして初の同大会優勝を成し遂げた。

加藤/二宮は第1セット立ち上がりから幾度なくピンチを凌ぎ切ると、第7ゲームで先にブレークに成功。二宮は準優勝の快進撃を見せた「全仏オープン」でも光った、高速スピンロブで相手ペアをうまく崩していた。そのまま第1セットを先取すると、第2セットも第1ゲームでいきなりブレークに成功。

加藤/二宮はその後も緊張感のある展開のなかリードを守り切り、最後の1ポイントは見応えのあるボレー戦を制して見事優勝を果たした。歴史を塗り替えた瞬間、加藤/二宮が大きなガッツポーズで喜びを爆発させると、地元会場も大歓声に包まれた。

試合後のインタビューで、加藤は「優勝は目指してたんですけど、本当にできると思ってなかったんで、ものすっごく嬉しいです」と率直な気持ちを話し、二宮は「先週広島ですごく悔しい思いをしたので、今週勝てて本当に嬉しいです。先週から日本でたくさんの応援ありがとうございました。これからまた宜しくお願いします」とファンへの感謝の気持ちを表した。

地元日本の大会で、遂に日本人ペアでのダブルス初優勝を成し遂げてくれた加藤/二宮に、心から拍手を送りたい。

◇   ◇   ◇

【9月22日 主な試合結果

◆女子シングルス

準決勝

〇[3]大坂なおみ(日本/日清食品)6-2、6-3 ●カミラ・ジョルジ(イタリア)

〇[4]カロリーナ・プリスコバ(チェコ)6-2、4-6、6-3 ●ドナ・ベキッチ(クロアチア)

◆女子ダブルス

決勝

加藤未唯(日本/ザイマックス)/二宮真琴(日本/橋本総業ホールディングス)6-4、6-4 ●[1]アンドレア・フラバチコバ(チェコ)/バーボラ・ストリコバ(チェコ)

(テニスデイリー編集部)

※写真は「東レ パン・パシフィック・オープン」準決勝での大坂
(Photo by Koji Watanabe/Getty Images)

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu