マイページ

大坂なおみ「なおみちゃんと呼んで」凱旋初勝利後のオンコートインタビュー[東レ パン・パシフィック・オープン]

「東レ パン・パシフィック・オープン」記者会見での大坂なおみ

「東レ パン・パシフィック・オープン」(日本・東京/9月17日~23日/ハードコート)の大会3日目、女子シングルス2回戦で世界ランキング30位のドミニカ・チブルコバ(スロバキア)を6-2、6-1のストレートで破った大坂なおみ(日本/日清食品)が試合後のオンコートインタビューに答えた。

両者の対戦は今回が2回目。奇しくも、初対戦となった2年前の同大会2回戦と同じスコアでの勝利となった。

開口一番、大坂は「こんばんは。今日の試合見に来て、ありがとうございます。応援ありがとうございます」と日本語で多くの観客に感謝を述べた。インタビュアーから「日本語のスピーチは準備していたの?」と聞かれると「はい」と答えた。

試合内容については「彼女はとても良い選手なので難しかったけれども勝つことが出来て嬉しいです」と語った。

そして以前に日本では「なおみ」よりも「なおみちゃん」と呼ばれたいと語っていたが、今はどうかと問われると「うん、なおみちゃんがいい」と答えた。続いて会場から今日の勝利と「全米オープン」勝利を祝う歓声と拍手が送られると喜びの表情を見せ「ちょっと恥ずかしい」と笑顔でインタビューを締めくくった。

勝利した大坂は、明日行われるバーボラ・ストリコバ(チェコ)とアネット・コンタベイト(エストニア)の勝者と準々決勝で対戦する。

(テニスデイリー編集部)

※写真は「東レ パン・パシフィック・オープン」記者会見での大坂なおみ
(Photo by Koji Watanabe/Getty Images)

日本人まとめページバナー.jpg

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu