マイページ

【速報】錦織 自身2年8ヶ月ぶりの優勝ならず。メドベージェフにストレートで敗れる[楽天ジャパンオープン]

「楽天ジャパンオープン」決勝での錦織

「楽天ジャパンオープン」(日本・東京/10月1~7日/室内ハードコート)の大会最終日、男子シングルス決勝で第3シードの錦織圭(日本/日清食品)が世界32位のダニール・メドベージェフ(ロシア)と対戦。2-6、4-6のストレートで錦織が敗れ、準優勝となった。試合時間は1時間3分。

第2セットもメドベージェフのサービスからスタート。序盤3ゲームはお互いにサービスゲームをキープする。

第4ゲームで錦織は自身のミスから30-40とブレークポイントを握られてしまう。なんとかしのいでデュースに持ち込むと、この試合4本目となるサービスエースを決めてアドバンテージを奪い、続くプレーを制してキープし、このピンチを切り抜ける。

流れを作りたい錦織だが、第5ゲームではメドベージェフの強烈なサーブの前にチャンスを作ることができない。

第2セットはお互いにキープが続き、第9ゲームを終えた時点でゲームカウントは4-5となった。そして第10ゲームでもミスが続いた錦織がこのゲームを落とし、第2セットを4-6で落として準優勝に終わった。

残念ながら錦織は同大会4年ぶり、そして自身2年8ヶ月ぶりの優勝を飾ることができなかった。

(テニスデイリー編集部)

※写真は「楽天ジャパンオープン」決勝での錦織

日本人まとめページバナー.jpg

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu