マイページ

中国地区大会 岡山学芸館高等学校インタビュー【第43回全国選抜高校テニス大会】

岡山学芸館高等学校の皆さん

中国地区大会で準優勝に輝いた岸直浩監督率いる岡山学芸館高等学校の主将でS1の中島玲亜(なかしまれあ)選手にインタビューを行った。

写真2.jpgQ:準優勝の原動力となったのは何ですか?
「緊張は見られたが、日ごろの練習の成果が出せたことです」


Q:チームのキャッチフレーズ(目指していること)を教えてください。
「覚悟と責任、全国制覇です」


Q:主将としてのチームを率いる上で、心がけていることは?
「みんなの意見をしっかり聞くようにし、練習の雰囲気を良くすることです」


Q:今後の目標は?
「まずはこのチームで全国選抜を優勝することです」


Q:プレイスタイルは?
「オールラウンダーです」


Q:一番得意なショットは?
バックハンドのストレートです」


Q:一番力を入れていることは?
「コートの中へ入り、相手の時間を奪うようなテニスをすることです」


Q:チームにどのように貢献したいですか?
「必ず勝ってチームにいい流れをつくる事と、声を一番出して、チームを盛り上げることです」


Q:あなたにとってテニスはどんな存在ですか?
「精神面、体力面、あきらめないことの大切さなど、さまざまなところで自分を成長させてくれる存在です」


●岸監督からの総評
「決勝戦はS1、D1と勝って王手をかけましたが、逆転を許してしまいました。2勝2敗で迎えたD2はファイナルセットまでもつれましたが、勝ちきれませんでした。試合に出た選手の5名は2年生、2名は1年生でした。2年生は昨年の経験を生かし、1年生は気持ちを前面に出し、よくがんばりました。しかし、この決勝戦での敗北の屈辱を忘れず、全国選抜では一回り成長した姿を見せてほしいと思います。


岡山学芸館高等学校の皆様、覚悟と責任を力にチーム力強化に繋げ、目標に向かって頑張ってください。


全国選抜高校テニス大会 チーフアドバイザー宮崎愛伎代


※写真は岡山学芸館高等学校の皆さん
(©全国選抜高校テニス大会実行委員会)


第43回全国選抜高校テニス大会の関連記事

PAGE TOP
menu