マイページ

中国地区大会男子優勝 関西高等学校インタビュー【第43回全国選抜高校テニス大会】

関西高等学校の皆さん

今回の中国地区大会で男子優勝に輝いた前崎直哉監督率いる関西高等学校の主将、吉原幹人(よしはらまさと)選手と、S1の髙悠亜(たかゆうあ)選手にインタビューを行った。

●主将 吉原幹人さん
写真2.jpgQ:優勝を飾った原動力は何でしたか?
「監督の前崎先生が、主将をされていた7年前に優勝してから遠ざかっていた優勝旗を奪還するという強い気持ちです」


Q:チームの目指していることを教えて下さい。
「中国地域でテニスを頑張っているジュニアの子たちに”かっこいい”や”憧れの存在”と思ってもらえるようなチームを目指しています」


Q:主将としてのチームを率いる上で、心がけていることがありますか。
「自分次第でチームの雰囲気が変わると思っているので、どんな時も明るく前を向いて言葉ではもちろんですが、姿勢でチームを引っ張っていくことを意識しています」


Q:今後の目標は何ですか。
「全国選抜高校テニス大会優勝です」


●S1 髙悠亜さん
写真3.jpgQ:好きなプレースタイルは?
フォアハンドを軸に自分から積極的に攻めていくプレースタイルです」


Q:S1の選手として一番得意なショットは何ですか?
「フォアハンドの回り込み逆クロスです」


Q:S1の選手として一番力を入れていることは何ですか?
「積極的にフォアハンドで攻めることです」


Q:S1としてチームにどのように貢献していきたいですか?
「S1としてチームに必ず1勝を持って帰ってこれるようにしたいです」


Q:あなたにとってテニスはどんな存在ですか?
「自分を支えてくれる恋人のような感じです」


●前崎監督からの総評コメント
「このような状況の中、生徒たちに、テニスが出来ていることは当たり前ではないということを言い続けながら、感染対策を万全に行い、新しい生活様式の中で今後も部活動に取り組んでいきたいと思う」


「今年は練習量が制限されたり、遠征に行けない日々が続いているが、限られた時間を2年生中心に効率よく練習をしてくれている。そこに1年生もしっかりとついて行ってくれている。そのいい流れが7年ぶりの中国大会優勝につながったのではないかと思う」


「だが、彼らが目標としているのは”日本一”だ。そこを目指すにはまだまだ一人一人に甘さがあるので、3月に開催される全国大会までにそれぞれの課題としっかりと向き合いレベルアップした姿を博多で見せてほしいと思う」


関西高等学校の皆様、優勝おめでとうございます。
優勝旗を奪還するという強い気持ちで、有言実行!中国地区大会の優勝を手にした関西高等学校男子テニス部の皆さん。どんな時も明るく前向きに目標に向かって頑張ってください。


全国選抜高校テニス大会 チーフアドバイザー宮崎愛伎代


※写真は関西高等学校の皆さん
(©全国選抜高校テニス大会実行委員会)

第43回全国選抜高校テニス大会の関連記事

PAGE TOP
menu