マイページ

九州地区大会女子準優勝校 第一薬科大学付属高等学校インタビュー【第43回全国選抜高校テニス大会】

第一薬科大学付属高等学校の皆さん

今回の九州地区大会で女子準優勝に輝いた貝野弘幸監督率いる第一薬科大学付属高等学校の主将、大坪花(おおつぼはな)選手とS1の宮原千佳(みやはらちか)選手にインタビューを行った。

●主将 大坪花さん
写真2.jpgQ:準優勝を飾った原動力は何でしたか?
「一人一人の負けん気の強さです」


Q:チームの目指していることを教えて下さい。
「みんなテニスが大好きなので、一生懸命に楽しんで試合をすることです」


Q:主将としてのチームを率いる上で、心がけていることがありますか。
「チーム全員が楽しく練習できる雰囲気作りや、厳しい練習でも皆が頑張れるように声かけを心掛けています」


Q:今後の目標は何ですか。
「一試合、一試合全力を出し切る事が目標です」


●S1 宮原千佳さん
写真3.jpgQ:好きなプレースタイルは?
「ストローカーです」


Q:S1の選手として一番得意なショットは何ですか?
「バックハンドストロークです」


Q:S1の選手として一番力を入れていることは何ですか?
「日々の練習です」


Q:S1としてチームにどのように貢献していきたいですか?
「シングルス1として全勝で次に回すことです」


Q:あなたにとってテニスはどんな存在ですか?
「無くては困る存在です」


●貝野監督からの総評コメント
「創部2年で団体戦に初出場し、2年生2名、1年生5名と、1年生中心のチームではあるが、日頃からとても仲のいいチームである。大会を振り返れば、地区大会から全て3−2で勝ち上がり、一戦一戦ごとにチームの団結力が強くなっていくのが見えた」


「地区大会・県大会・九州大会で、それぞれ、初出場・初勝利を経験し、勢いそのまま全勝で勝ち上がり、九州大会決勝まで行くことができたが、そこでチームとして、初めての敗戦を経験した」


「全国選抜までに負けを経験できた事はチームにとって、貴重なプラス材料になり、この悔しさをバネに全国までに”負けないチーム”を作り上げ、地元福岡県で開催される全国選抜では、旋風を巻き起こせるよう準備をしていきたい」


第一薬科大学付属高等学校の女子テニス部の皆さん、準優勝おめでとうございます。
九州地区大会で負けを経験できた事をバネに、これからも目標に向けて頑張ってください!


全国選抜高校テニス大会 チーフアドバイザー宮崎愛伎代


※写真は第一薬科大学付属高等学校の皆さん
(©全国選抜高校テニス大会実行委員会)

第43回全国選抜高校テニス大会の関連記事

PAGE TOP
menu