マイページ

近畿地区大会男子準優勝校 東山高等学校インタビュー【第43回全国選抜高校テニス大会】

東山高等学校の皆さん

今回の近畿地区大会で男子準優勝に輝いた武村篤監督率いる東山高等学校の主将、岸井颯汰(きしいそうた)選手と、S1の井戸勇吾(いどゆうご)選手にインタビューを行った。

●主将 岸井颯汰さん
写真2.jpgQ:準優勝を飾った原動力は何でしたか?
「今回の選抜メンバーから外れてしまった仲間と”必ず勝って帰ってくる”という約束をしました。その約束を果たす為、絶対に勝つという気持強い気持ちで挑みました。また、これまで先輩方が築き上げてこられた東山の伝統を傷つけないよう、チーム全員が勝ちにこだわり、一丸となって戦ったことです」


Q:チームの目指していることを教えて下さい。
「”一球入魂”最後の一球まで諦めない気持ちを持ち続ける。テニスだけ強くなるのではなく、部活を通して”声・初心・礼儀、挨拶”の三原則を大切にし、強い男、強い人間になり人間力を高めることを大切にしています。一人一人が自主性を持って行動し、自ら考えて動けるようになるという事を目標に日々切磋琢磨しています」


Q:主将としてのチームを率いる上で、心がけていることがありますか。
「自分が何事にも率先して考えて動き、チーム全員の手本となれるように常に心掛けています。部員の体力や技術力、得意や不得意は様々ですが、足らないところを共に補い合う雰囲気をつくり、チーム全員のレベルアップができるように意識しています」


Q:今後の目標は何ですか。
「全国優勝です。この近畿地区大会で自分達に足りない力、今自分たちに必要な事がはっきりと気付けたので、全国選抜大会までにしっかりと足りないものを補い、更に強くなって本番に挑みます」


●S1 井戸勇吾さん
写真3.jpgQ:好きなプレースタイルは?
「後ろでしっかり打ち合って、徐々に前に入って決めるスタイルです。基本的には自分の本能に任せる事が多いです」


Q:S1の選手として一番得意なショットは何ですか?
「ドライブボレーです」


Q:S1の選手として一番力を入れていることは何ですか?
「もう一度基礎に戻ってどんなボールも深く打ち続ける事。攻めと守りのメリハリをはっきりさせたいです。後ろ体重になってしまうことが多いので、トレーニングをして改善したいです」


Q:S1としてチームにどのように貢献していきたいですか?
「一番は勝ちをもぎ取ってくること。しかし、今回の近畿地区大会では一つも貢献できておらず、チームの皆に助けてもらって感謝しています。今回の悔しさと皆に助けてもらった感謝の気持ちを持って3月の全国では近畿地区大会とは逆の立場となって活躍したいです。また、良いプレーをして勝をもぎ取り、シングルスNo.1として色々な意味で恩返しをして貢献します」


Q:あなたにとってテニスはどんな存在ですか?
「負けてしんどい時もありますが、努力して勝った時の嬉しさと皆で乗り越えた時の楽しさと喜びは何事にもかえられないものです。テニスとは沢山の感情から勝った時の楽しさ、喜びを生み出してくれるものです」


●武村監督からの総評コメント
「本校テニス部は”テニスを通じて人間形成する”ことを最大のテーマに日々活動しています。”一球入魂”をモットーに、プレイはもちろん礼儀や挨拶、思いやりや感謝の心といった、社会の中で生きていく上で大切なことを学び、皆から応援してもらえるような高校生らしいチームを目指している」


「全国選抜高校テニス大会近畿地区大会では1番シードではあったが、決勝戦で相生学院高校に敗退し、悔しい思いをした。相手に負けた悔しい思いより、自分たちの未熟さを痛感した。この近畿地区大会の結果により、第43回全国選抜高校テニス大会に出場できれば、18年連続30回目の出場となりチームとしては節目になる。目標は全国制覇。本番までに強く逞しく成長し、見違えた姿で戦いに挑みたい。私自身もプロテニスプレーヤーから学校職員に転職をして監督になり2年目で、日が浅いので、部員たちと一緒に成長していきたいと思っている」



東山高等学校の男子テニス部の皆さん、準優勝おめでとうございます。これからも「一球入魂」最後の一球まで諦めない強い気持ちを持ち続け、人間力を高めながら目標に向けて頑張ってください!


全国選抜高校テニス大会 チーフアドバイザー宮崎愛伎代


※写真は東山高等学校の皆さん
(©全国選抜高校テニス大会実行委員会)

第43回全国選抜高校テニス大会の関連記事

PAGE TOP
menu