マイページ

九州地区大会 男子準優勝校 大分県立大分舞鶴高等学校インタビュー【第43回全国選抜高校テニス大会】

大分県立大分舞鶴高等学校の皆さん

今回の九州地区大会で男子準優勝に輝いた大園洋平監督率いる大分県立大分舞鶴高等学校の主将、秦亮介(しんりょうすけ)選手とS1の髙妻蘭丸(こうづまらんまる)選手にインタビューを行った。

●主将 秦亮介さん
写真2.jpgQ:準優勝を飾った原動力は何でしたか?
「去年の九州大会でのリベンジを果たすという気持ちです」


Q:チームの目指していることを教えて下さい。
「全国制覇です!」


Q:主将としてのチームを率いる上で、心がけていることがありますか。
「チームのリーダーとして、率先して行動することです」


Q:今後の目標は何ですか。
「全国制覇です」


●S1 髙妻蘭丸さん
写真3.jpgQ:好きなプレースタイルは?
スピンを多くかけ、フォアの回り込みで攻めに行くプレースタイルです」


Q:S1の選手として一番得意なショットは何ですか?
「回り込みのフォアの逆クロスです」


Q:S1の選手として一番力を入れていることは何ですか?
「フォアとバック、両方のクロスラリーです」


Q:S1としてチームにどのように貢献していきたいですか?
「一番最初に入るので、一番最初に勝ち、チームの気持ちを楽にしたい。”良い試合をした”ではなく、”勝利”でチームに貢献したいです」


Q:あなたにとってテニスはどんな存在ですか?
「小さいころからやっていて、心の拠り所であり、自分を成長させてくれるものです」


●大園監督からの総評コメント
「まずは、コロナ禍で大会を開催・運営してくださったことに心より感謝申し上げます。大会全体を通して、優勝という目標は達成できなかったものの、2年生がダブルスでチームを引っ張り、1年生がシングルスで奮闘してくれました。選手はプレッシャーの中で舞鶴魂を胸に最後まで戦ってくれたと思います。3月の全国選抜に向けて期待が持てる試合内容でした。全国制覇にむけて、また気持ちを入れなおして、選手と共に頑張っていきたいです」


大分県立大分舞鶴高等学校の男子テニス部の皆さん、準優勝おめでとうございます。
いつも気迫あふれる舞鶴魂が取材をしていてもビシバシ伝わってきます。
これからも全国制覇目指して頑張ってください!


全国選抜高校テニス大会 チーフアドバイザー宮崎愛伎代


※写真は大分県立大分舞鶴高等学校の皆さん
(©全国選抜高校テニス大会実行委員会)

リポビタン国際ジュニア Supported by KIMIKO DATE×YONEX PROJECT

世界のトップを目指すジュニア選手たちが愛媛で繰り広げられる、ITFジュニア大会の様子をテニスデイリーがお届け!

12月5日 ライブ配信ページ
12月6日 ライブ配信ページ

【ITFジュニア大会概要】

■大会名:リポビタン国際ジュニアSupported by KIMIKO DATE×YONEX PROJECT
■日程:2020年11月30日(月)~12月6日(日)
■共催:ヨネックス株式会社、株式会社KD PLANNING
■公認:国際テニス連盟(ITF)、公益財団法人日本テニス協会(JTA)
■会場:愛媛県総合運動公園(17面)
■カテゴリー:ITF World Tennis Tour Junior グレード5
大会公式ウェブサイト

第43回全国選抜高校テニス大会の関連記事

PAGE TOP
menu